思わぬ病気が隠れている場合も!貧血が知らせてくれる「第二の病気」

写真拡大

貧血は多くの女性が悩んでいるものでもあり、だからこそつい「仕方ない」「体質だから」と諦めがち……。

しかし、早めに対処しないと、実は貧血の影に別な病気が隠れていたり、貧血から思わぬ病気になるリスクが高まることもあります。

今回は、女性に多い貧血について『米国神経学会』のニュースをもとにご紹介します。

 

■思春期の貧血はが学力低下に…

成長に伴い、体内の鉄必要量が人生最大となる思春期。この時期は、ダイエットや偏食で鉄分不足となったり、部活動などで汗とともに鉄を損失したりするので、貧血になりやすい時期でもあります。

そうすると、集中力や注意力が散漫になりやすくなり、結果、学力低下に繋がってしまいます。また、学業だけでなく、酸欠状態の体に対して心臓が懸命に血液を送り出そうと働くため、過労となり、将来心臓疾患を起こす恐れが高まります。

特に思春期のころの女性はホルモンバランスが安定せず、月経時だけ貧血になるという人もいます。しかし、この症状を放置していると、子宮筋腫になる恐れがあるといいます。

将来の体作りは子どものころから始まっているので、親御さんがきちんと健康管理をしてあげてくださいね。

 

■中年期以降の貧血は病気のサイン!?

思春期や鉄分を失う妊娠・出産などを、貧血にならずに無事終えた場合でも、女性は40歳以降でも貧血になりやすいのです。

この年代の貧血には、“病気が隠れている”ことが多くあります。子宮筋腫や内膜症、消化管からの出血や最悪の場合“がん”によって貧血になっていることも……!

特に会社勤めをしていない成人女性は、健康診断の受診率が低いため、発見が遅れることにも。

健康診断の血液検査では、貧血状態かどうかを知ることができる“ヘモグロビン”量を、ほぼ必須で確認しますから、体に不調がなくても、定期的に検診に行くようにするといいですね。

 

■高齢者は、貧血なのに認知症に間違われやすい

貧血は高齢者も多く罹患していて、65歳以上の高齢者における貧血発症率は23%を上回っています。そして、特に高齢者の貧血は、若い人よりも注意が必要なのです。

というのも、通常貧血は、顔が青白くなったり、むくんだり、ふらつきがあったり、頭痛やめまい、動悸、息切れが主な症状。そして、貧血が悪化してくると、体調や顔色だけでなく、髪の毛や爪などにも影響が出てきます。

しかし高齢者になると、比較的顔色も白かったり、シワによって顔色が鮮明にわかりずらかったりするため、表面的に表れる貧血の特徴が見分けにくく、貧血なのか見た目では判断しづらいのです。

また、鉄欠乏だけでなく、ビタミンB12欠乏症による貧血の人も多くいます。ビタミンB12は、神経機能や精神機能に働きかけるビタミンなので、ビタミンB12欠乏症による貧血であるのに、認知症と間違われるケースもあります。

さらに、貧血が軽度でも、若い人と比べて、混乱したり、動揺したり、無気力になったりしやすくなります。家族の支えとともに、早めに医療機関に相談して、きちんと確認するといいですね。

 

■貧血の高齢者は認知症になりやすい!

そして、高齢の方の貧血を早く改善した方が良い理由として、高齢者の貧血の人は、認知症に罹患するリスクが4倍高くなると同学会が発表しています。

アメリカでは、70歳から79歳までの2,552人の高齢者を対象に、貧血検査および、記憶・思考の検査を11年間に渡って調査し、調査をもとに研究・分析が行われました。検査終了時には、2,552人中445人、およそ18%の参加者が認知症を発症しました。

2,552人のうち、調査開始時にすでに貧血であった参加者は393人。393人中認知症になったのは89人で23%。貧血ではなかった参加者は2,159人、うち認知症になったのは366人で17%。

つまり、貧血である人は貧血でない人よりも、認知症になるリスクが高いことがわかりました。

貧血は予防や治療が確立しているものが多くありますが、認知症は完全なる治療法が確立されていません。手遅れになる前の早めの対応が重要になってきます。

 

いかがでしたか。今回は女性に多い“貧血”の次なるリスクについてご紹介致しました。

血液中の酸素を全身に運ぶ機能が衰えている貧血の人は、脳にも酸素が円滑に運ばれにくく、その分、記憶力や思考力などの脳の機能が低下しやすいと考えられています。

貧血が怖いのは、今だけではありません。将来の健康のためにも早めに医療期間で原因を確認して、改善してくださいね。

(ライター 望月理恵子)

 

【関連記事】

※ 唇の両端の口角が裂けた!実はこれも「貧血のサイン」見逃しがちな症状6つ

※ 糖尿病患者が後悔する「改めておくべきだった生活習慣」1位は?

※ ニンニクを避けても意味なし!思わぬところで「口臭」が悪化するNG食習慣5つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 【FPが解説】徹底比較!食洗機と手洗い、お得なのは…

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ 専門家が監修!あなたの主婦業を年収換算できるシミュレーターとは

 

【参考】

※ Anemia Linked to Increased Risk of Dementia - The American Academy of Neurology

 

【画像】

※ Image Point Fr / Shutterstock