ゼネラルモーターズが発表した、水素をエネルギーとした燃料電池で走る軍用車両、Chevrolet Colorado ZH2 (general motors)

写真拡大

 米ゼネラル・モーターズは10日、最新の軍事車両の情報を明かした。燃料不足の問題を解決することが見込める、水素をエネルギーとした燃料電池を搭載しているという。

 軍事車両はしばしば、運搬活動において、電気やガソリンなどの燃料が不足するような環境に見舞われる。ゼネラル・モーターズはこの軍部の問題を解決するため、燃料電池を搭載した「シボレー・コロラドZH2」の開発した。

 外見はなかなか厳めしい。高さ約2メートル、幅2.1メートルの巨体に、37インチのタイヤが備え付けられる。水素をエネルギーとする燃料電池で動く同車両は、外部取り付け装置も、この燃料で動かすことができるという。

 同社プレスリリースによると、「米陸軍は、軍事任務においての能力を見るため、来年、過酷な環境でテスト走行を行う」。

(翻訳編集・佐渡 道世)