お友達の家や子どもの習い事先など、災害時にいる可能性のある所も忘れずにリストアップ

写真拡大

会社、学校、自宅……。家族が別々の場所にいるときに被災したらどうするか、しっかり事前準備はしていますか? 家族の安否確認のためにしておきたいことを、NPO法人ママプラグ認定アクティブ防災ファシリテーター・宮丸みゆきさんに教えてもらいました。

【写真を見る】携帯電話にしか登録していないと、電源を喪失した際、分からなくなるおそれも。リストは紙や手帳に記入して

【緊急連絡先をリストアップしておく】

夫の勤務先や子どもの学校など、緊急時に連絡を取りたい所の電話番号は紙や手帳に記入し、家族全員が分かりやすい所に置いておきます。携帯電話にしか登録をしていないと、電源を喪失したときに、番号が分からなくなってしまうおそれも。子どもの習い事先など、災害時にいる可能性のある所も記入しておきましょう。

まさに、備えあれば憂いなし!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】