「私の病気のことが原因でおばあちゃんが涙を流すのを見ると、悲しくて胸が痛くなる。もし私が大人になるまで生き続けることができたら、いっぱい孝行する」。9歳になる佳佳ちゃんが書いた作文のこの一節に、これを読んだ誰もが涙をこらえることができなかった。

写真拡大

「私の病気のことが原因でおばあちゃんが涙を流すのを見ると、悲しくて胸が痛くなる。もし私が大人になるまで生き続けることができたら、大切なおばあちゃんにいっぱい孝行する」―9歳になる女の子、佳佳ちゃん(仮名)は、幼少のころから再生不良性貧血という病気を患っており、両親が離婚した後、祖父母の手で育てられている。9月末に彼女が書いた作文のこの一節に、これを読んだ誰もが涙をこらえることができなかった。四川新聞網が伝えた。

【その他の写真】

佳佳ちゃんの祖母である蒋全芳さんは、今年56歳。9年前、佳佳ちゃんの母親は自宅で佳佳ちゃんを出産した。家族は、佳佳ちゃんの口の中に先天性の欠陥があるのを見つけた。生後4カ月になった時、彼女は肺炎を患い入院した。その時、皮膚が真っ白になり、顔色の不良やアザなどの症状が現れたため、急いで輸血する必要があった。しかし、その時はちょうど春節の3日目だったことから、病院に血液の在庫がなく、祖母の蒋全芳さんは、献血者の家を訪れ、ボランティアの献血をお願いした。それ以降、佳佳ちゃんは発熱を繰り返すようになったが、明確な原因は分からず、半月ごとに血液を輸血しなければならなかった。そうしなければ彼女の顔からは血の気が失せ、全身に力が入らず、日ごとに痩せ衰え、食事をとることができなくなり、最終的には死に至ってしまうのだ。

この小学校3学生の作文に、教師は深く感動した。作文は、遂寧明月小学校の教師によってネット上にアップされ、微信(Wechat)のソーシャル機能「モーメンツ(原語:朋友圏)」で話題に上りネットユーザーの涙を誘った。国慶節(建国記念日、10月1日)前夜から現在までに、遂寧明月小学校の教師たちは、佳佳ちゃんが輸血を続け、病気を治療できるよう、3万元(1元は約15.3円)あまりの募金を集めた。

まだ幼い佳佳ちゃんは8日、記者取材に対し、「おばあちゃんはこれまで、とっても苦労してきた。おばあちゃんを支えてくれる善意ある人を探したい」と少しビクビクした様子で話した。彼女は、自分がこの作文を書いたのは宿題だったからではなく、注目を集めたいと思ったからだと明言した。

「私は将来医師になって、治療費を工面できない患者さんの病気を治したい」と話す佳佳ちゃんは、小さい頃から、大学に進学して医者になるという夢をもっている。医師になって、病人の辛さを和らげ、この辛い生活から祖母を解放してあげたいと彼女は望んでいるという。(提供/人民網日本語版・編集KM)