ランキング1位! 四万温泉 積善館本館 元禄の湯

写真拡大

温泉好きという方なら一度はしてみたい、湯治体験。湯治体験の宿泊予約は全国で+46.9%(前年同期比)と増加傾向にあるという。これからの季節、温泉にゆっくりとつかって、身も心も癒されたいと思う方は多いのではないだろうか。

【写真を見る】2位 酸ケ湯温泉本館 ヒバ千人風呂

このたび「楽天トラベル」が調査した「湯治体験が人気の温泉宿ランキング」が発表された。

1位に輝いたのは「四万温泉 積善館本館」(群馬県)である。300年以上の歴史を持ち、建物は日本最古の木造湯宿温泉、玄関は群馬県の指定文化財となっている。源泉かけ流しのナトリウム・カルシウム―塩化物硫酸温泉で、リウマチ、運動器障害、創傷などに効くとされている。特に元禄の湯は湯治にふさわしいお風呂と高評価だ。

2位は「酸ケ湯温泉旅館」(青森県)。こちらは約300年前に開かれ、総バ作り、160畳の広さをもつ「ヒバ千人風呂」が有名だ。4つの異なる源泉があるが、いずれも酸性・含硫黄泉であり、血行を促し体温をあげ、免疫力を活性化させると言われる。素朴で温かみを感じる、などの評価があった。

3位の「日本の山岳温泉リゾート 新玉川温泉」(秋田県)は、同じく6位にランクインしている「効能溢れる癒しの湯治宿 玉川温泉」と同じ源泉である。塩酸を主成分とした強酸性でラジウムを含んでおり、自然治癒力を促進させるという。さらに蒸気に含まれる微量の硫化水素ガスの吸入で気管支炎、風邪、喘息などにも効果が期待できると言われる。看護師が常駐する湯治相談室で無料の入浴相談や湯治相談もできる。

これらの宿はいずれも湯治宿として古くから有名であり、泉質によってさまざまな効能が期待できる。年末に向けて、自分に合う泉質と宿を探してみてはいかが?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】