女優の佐々木希さんと韓国人グループSUPER JUNIORのイェソンさんが11日、映画『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』(11月3日公開)の完成試写会に出席。韓国語に初挑戦した佐々木さんはお気に入りの韓国語セリフを披露しながら、その韓国語がなぜ好きなのかを明かしました。


仕事も家もなくしたヨンウン(イェソンさん)とクビ寸前のシングルマザーのさくら(佐々木さん)が外国語学校で出会い、グッと距離を近づけていく姿を描く胸キュンラブストーリー。


佐々さんは「一番の挑戦は韓国語」と打ち明け「撮影に入る前にしっかりと覚えたけれど、少しのニュアンスでも難しくて大変でした。でも現場に入ってからは一番の先生がいるので、そこは心強かったです」と主演俳優のイェソンに熱視線。好きな韓国語セリフ「気分はどうですか?」を流ちょうな韓国語で披露すると「韓国に行ったら沢山使えるし、“オヌルン”という“とぅるん”みたいなニュアンスが好き。言っていて気持ちがいい」と語感がお気に入りのようでした。


佐々木さんの韓国語マスターぶりにイェソンさんは「佐々木さんは韓国語にとても関心が高い。これからも韓国語の勉強を続けて、後々は韓国映画や韓国ドラマに出演してほしい」とアジア圏進出に期待。


これに佐々木さんは頬を赤らめながら「その時は韓国語の先生としてお願いします。一緒に共演できる事を楽しみにしています」と再会を誓っていました。

【関連記事】

※ 佐々木希、「肌触りも最高♡」と明日発売のUniqlo Uを大絶賛

※ 佐々木希、比嘉愛未、ミムラが美の共演!佐々木の「胸キュン」ソングとは?

※ 佐々木希「自分で言うのもなんですけど、素晴らしい出来でうれしい」

※ 火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」第1話の見どころは?

※ 小嶋陽菜、セクシーな「大人のウェディングドレス」姿を披露!結婚報道にも言及