紺色のスーツで登場したベン・アフレック (C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

昼は田舎のさえない会計士の仮面をかぶり、夜は裏社会の殺し屋として巨悪に対峙する謎の男“クリスチャン・ウルフ”が、犯罪組織や企業の不正を暴いていくサスペンス・アクション大作『ザ・コンサルタント』(2017年1月21日日本公開)。現地時間10日に本国ロサンゼルスにて、本作のワールドプレミアイベントが開催された。

レッドカーペットが敷かれたTCLチャイニーズ・シアター前の道路を一車線封鎖する厳戒態勢の中、本作のキャストやスタッフを一目見ようと多くのファンが集まり会場が熱気に包まれる中、主演を演じたベン・アフレック、アナ・ケンドリック、J・K・シモンズらが登場すると黄色い声援が沸き起こりました。

ベン・アフレックは、紺色のスーツに赤茶色のネクタイと渋い出で立ちでカーペットに登場。2つの顔を持つ最強の男、クリスチャン・ウルフについて「今回演じた役は3面性の要素があり、普通の役ではなく奥が深い役だったので凄く良かった。」と語り、作品に関しては「本格的なアクションと演技力が両立した作品。作品として、どちらも備わっていることがあまりないので、どちらも備わっているのがとても良かった。監督と一緒に仕事できたことが何より良かった」とコメント

犯罪捜査部でクリスチャン・ウルフを追うレイ・キングを演じたJ・K・シモンズは、本作を何故見るべきか?という問いに「だってこの映画凄くいいんだもん!」とこれ以上説明する必要がないといった、自信たっぷりの表情を見せていた。

■『ザ・コンサルタント』
2017年1月21日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他にて全国公開
(c)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED【ハリウッドニュース編集部】