ファーストリテイリングが10月11日、国連難民高等弁務官事務所(以下、UNHCR)を通して南スーダンに100万米ドルの支援を行うと発表した。 ファーストリテイリング、南スーダンに100万米ドル支援の画像を拡大

 ファーストリテイリングは2015年11月、UNHCRに対して2016年から3年間にわたり総額1,000万米ドルを支援することを表明。支援金は、特に緊急性の高い人道危機に対する援助や、アジアを中心とした難民の自立支援プログラムに活用されている。今回の支援では、1000万米ドルの一部が南スーダンでの緊急人道支援活動に充てられることで、女性や子供、高齢者などがソーラーランタンや調理器具、マットなどの生活支援物資を受け取れるようになる。 同社は、2006年からUNHCRと連携し世界の難民や避難民への衣料支援を行っており、これまでに世界62の国と地域の難民・避難民に2,033万着以上のリサイクル衣料を寄贈。2011年には、アジアの企業として初めてUNHCRとグローバルパートナーシップを締結し、衣料支援に加えて自立支援の取り組みを開始した。