食欲を抑えたいなら、お風呂と運動は食事の前に済ませる

写真拡大

おいしいものであふれる秋。

食べたい気持ちはあるけれど、食べすぎは避けたい。

ごはんを食べる前はそう誓っていても、おなかが満たされず、結局食べ過ぎてしまう...。

そんな人は、食前に運動や入浴することで食欲を抑えることができます。

食欲を抑えたいなら「食前」に運動する

一般的に運動すると血糖値は下がりますが、適度な空腹状態での運動は血糖値が上がり、空腹感を抑えることができます。

逆に食べ過ぎてしまったからと食後に運動をすると、血糖値が急激に下がり、結果、またおながが空き間食が増えてしまうのです。

また女性は男性にくらべ、運動後に食欲を増進させるホルモンが分泌されやすいそう。もし運動する予定があるなら、よけいな間食を増やさないためにも、食前に済ませるのがよさそうです。

入浴も「食前」で食欲を抑制

血液が内蔵に集中することで、胃の働きが活発になりおなかが空きやすくなるそう。

そこで、食事の前にお風呂に入って体を温めておくことで、体表面に血液が循環し食欲を抑えることができます。(具体的な入浴法はこちら

入浴後1時間で食欲は復活するそうなので、夕食の時間から逆算してお風呂に入り、お風呂上がりにすぐ食べることが、食べ過ぎを防ぐポイント。

食べる前に運動する。食べる前にお風呂に入る。

このふたつを覚えておくだけで腹八分目グセが身につきます。

こちらも読まれています

・無理したくないから。チョップドサラダでダイエットはじめました

・マイナス3センチ。たった30秒で小尻に近づく

・食欲の秋。でも太りたくない。あなたにぴったりな食べ方は? #深層心理

写真/Shutterstock

※この記事は2014年10月に掲載したものを再編集しています。