夫を亡くして強く生きるセリーヌ・ディオン (c)Imagecollect.

写真拡大

48歳の歌手セリーヌ・ディオンが、今年1月にがんで亡くなった夫レネ・アンジェリルさん以外の男性とキスしたことがないと明かした。

セリーヌは12歳の時にレネさんに見出されて歌手の道に。1994年に結婚し、3人の子供を授かった。レネさんは今年1月に喉頭がんのために73歳で亡くなっている。

そんなセリーヌは「CBSニュース」のインタビューで、「彼が逝ってしまう前、私たちはみんな、とても、とても大変だったわ」「特に私、そして子供たち、私の人生の男性が毎日少しずつ死んでいくのを見るのはね。彼が逝った時に、少し安心したの。私が愛する男性、私が唯一キスをした男性、私が唯一愛した男性。そうよ、人生でほかの男性とはキスしたことがないの。私の人生の男性は私のパートナーだったわ。私たちは一つだった。彼が苦しまなくなった時に、私は自分に言ったの。『彼は大丈夫よ。彼は苦しむべきではない』って」と話した。

さらにいつかまた人を愛することを願っているかと聞かれると、「今ではないわ。うーん。私は彼をとても愛しているの。今でもとても愛しているわ。私は愛する子供たちがいる。愛するファンがいる。一緒に仕事をしている人たちを愛している。だから、私の人生で愛が空っぽなわけではないわ」「シーアの曲で、『寝るときに、あなたが私といることを想像する』ってあるの。私は彼と寝るわ。彼とステージに立つの。私はまだ彼と結婚しているのよ」と愛を語っている。【馬場 かんな】