ダイドードリンコの販売機がある不忍池のボート乗り場の周りには8月「ポケモンの巣」を求めてプレーヤーが連日つめかけた

写真拡大

飲料メーカー大手、ダイドードリンコは2016年秋冬の新商品として10月3日に、果汁飲料「ポケットモンスターアップル&ピーチ」を発売した。ダイドーは13年から毎年、この時季にポケモンとのコラボによる飲料を販売してきたが、7月にリリースされたスマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO(ゴー)」の爆発的人気による、思わぬ恩恵があったという。

都内の「巣」にあった自販機、売り上げ3倍に

2016年はこれまでとは違い、アニメやゲーム以上に、スマホを使う「ポケモンGO」が社会現象として注目されるほどのブームになり、とくに都市部では街のあちらこちらでプレーヤーの姿がある。とくに、レアモンスターが多く現れるとされる場所は「ポケモンの巣」と呼ばれ、SNSなどで情報が拡散し多くの人が集まっている。

東京都内で「ポケモンの巣」とされた場所の一つに、台東区の上野恩賜公園があるが、この夏は猛暑のなかでも、とくに不忍池の周囲にプレーヤーが大挙して押しかけていた。

ダイドーは、不忍池で水上散歩を楽しめる「ボート場」入口に自動販売機を設置しているが、これが実はこの辺りでは唯一ともいえる「水分の補給源」。学校が夏休みの8月には、同販売機前で利用者の姿がたえることがなかった。

同社に問い合わせたところ、7月21日から8月20日までの同社8月期の同販売機の売上は前年同期の3倍を記録。1日1回だけ行う製品補充が最大5回になったという。

「ピカチュウ」デザインのパッケージ3種類

「ポケットモンスターアップル&ピーチ」は、ポケモンの象徴的存在である「ピカチュウ」をボトル(280ml)にデザイン。パッケージは3種類あり、それらをそろえることも楽しめそう。国産果汁を使用、合成着色料や人工甘味料は使っていない。価格は115円(税抜)。

「ポケモン」といえば、11月からテレビアニメの新シリーズ「ポケットモンスターサン&ムーン」がスタート、11月18日には、ニンテンドー3DSソフト「ポケットモンスターサン」「ポケットモンスタームーン」が発売されるなど、今後も更なる盛り上がりが予想される。