写真提供:マイナビニュース

写真拡大

11月16日にBlu-ray&DVDが発売されるVシネマ『ドライブサーガ 仮面ライダーマッハ&ハート』の完成記念上映イベントが、10月9日に都内で開催された。

本作は2014年10月から2015年9月まで放送された特撮ドラマ『仮面ライダードライブ』のスピンオフムービーで、今年の4月に発売された『仮面ライダーチェイサー』(主演:上遠野大洸)に続く第2弾。仮面ライダーマッハ/詩島剛を演じる稲葉友が主演する『マッハ』編、ハート役・蕨野友也主演の『ハート』編の2本立てとなる。上映終了後の舞台あいさつには、稲葉、蕨野をはじめとする本作の主要キャストが登壇。会場に詰めかけたファンたちを熱狂させた。特に、竹内涼真と内田理央は事前に告知のなかったサプライズ出演ということもあって、ひときわ大きな歓声が鳴り響いた。

『マッハ』編で主役を演じた稲葉は、「前作のVシネマ『チェイサー』に続いて小説版『マッハサーガ』を出していただいて……。やりきった!と思った後に、また(マッハを)やれるのはうれしい」と、テレビ放送が終わってなお、形を変えながら続く『ドライブ』の世界に強い愛着を見せた。今回、姉の霧子が進ノ介の妻となり、さらに母となっていることについて尋ねられると「すごく素敵なことです。もともと"進兄さん"と呼んで進ノ介に懐いているころから2人との関係性は変わっておらず、思いを新たにするということもなく、じんわり感動していました」と、はにかみながらコメントした。

Vシネマ上映イベントに駆けつけた大勢のファンの熱気に稲葉は、ほかのキャストともども感激した様子で「こんなに思いをぶつけてきてくれることに対して、珍しく涙が出そうになりました。言葉に尽くせないとはこういうこと。皆さんの愛情がうれしくて、うれしくて……今後も『ドライブ』の世界は続いていきますので、愛してほしいです」と、ファンに熱いメッセージを贈った。

『ハート編』の主役で、今回はロイミュードからまさかの仮面ライダーへ華麗なる転身を遂げるハート役の蕨野は、「最初は、俺が仮面ライダー? どうすんの?と戸惑いました」と、"強敵"から"ヒーロー"への転身に対してはかなりの動揺があったという。また、「復活するにあたって、進ノ介との距離感などはどうなるのだろうと思っていましたが、台本がとても巧みに作りこまれていて納得しました」と、続編ストーリーをいかにして説得力をもって作り上げるのか、その妙味を楽しんでほしいと自信をうかがわせた。

今回のハートは、メディックとブレンのコアを体内に取り入れている設定。そのため劇中では2人の人格になって演技をする場面があり、撮影前日にブレン役・松島庄汰の家に行き「どんな人だったっけ?」と確認しに行ったという裏話も。蕨野は「意識的に2人の心を取り込もうと努力してみましたが、まったくそんなことする必要がなくて、いつも僕の心の中に2人がいるって体が覚えていたみたいです」と、テレビシリーズから培ってきた共演者との絆の深さ、強さを再度確認した様子だった。

かつて仮面ライダードライブとして人類を守るためロイミュードと戦った泊進ノ介役を演じ、現在はテレビドラマ、映画、CMなど多方面で活躍中の竹内涼真は、「ハートがいなくなってから2年。復活したハートに対して、進ノ介もどう接していいのか最初はつかめなかった。でも、わからない感じで撮影に臨んだところがよかった」と『ハート』編撮影時の感想を振り返った。そして『マッハ』編では、「剛を押し倒すシーンのとき、勢いがつきすぎてチューをしてしまった(=唇が触れてしまった)」という、女性ファン騒然のエピソードを披露。これを受けて稲葉は「この話だけは墓場まで持っていこうと思っていたのに……みなさん、チューした場面はBlu-rayやDVDを観ても確認できませんよ!」と叫んだが、これがさらに多くのファンからの大歓声を集めることになってしまった。

『ハート』編において、意外にもハートの「相棒」となって共に捜査に挑む警視庁刑事・追田源八郎役・井俣太良は、大勢のファンたちを目の前にしてやや緊張気味の面持ちで「前回はセリフが2つしかなくて、今回は出られるのかどうか心配していたくらいでしたが(笑)、まさかこんなに出られるのかとびっくりしました」と、活躍シーンの多さに満足そうな表情を見せた。ハートとの凸凹コンビぶりについては「テレビシリーズではハートと現八郎との接点がほとんどなかったので、共演は新鮮でしたね」と、出来栄えに自信を見せていた。

かつて警視庁特状課に在籍し、ドライブの新武器などを開発した沢神りんな役・吉井怜は、ショートカットに髪型をチェンジして登場。「劇中では六変化を披露しましたので、髪を切った姿もアリかなと思って」とにこやかにコメントした。テレビシリーズ、小説『マッハサーガ』といい雰囲気になっていた追田源八郎と、今回はついに「婚約」を果たしている設定のりんな。この役どころについて尋ねられた吉井は「どうにか、私たちの恋が成就しましたね、ゲンパチ!」と、ニックネームで井俣のほうに向き合い、なんとも幸せそうな笑顔でファンの歓声に応えた。

ロイミュード・メディックがその姿と性格をコピーした人物・羽鳥美鈴を演じた馬場ふみかは「ごきげんよう」といかにもメディックらしい高貴なあいさつを披露。今回は美鈴として出演するにあたり、「美鈴にはバレエを続けていてほしいという気持ちがありましたので、今回彼女のその後を知ることができてうれしかった」と感想を述べた。今回のVシネマでは、メディックとしては声だけの出演。馬場は「蕨野さん演じるハートに、私が声を当てたシーンがあります。蕨野さんがメディックらしい、かわいらしい動きをしてくださっていたので、楽しんでアフレコさせていただきました(笑)」と、ロイミュードチームの結束の強さと、蕨野の優れた演技力に感心していた。 

剛の姉で、現在は進ノ介と結ばれて一子を授かった泊(旧姓詩島)霧子を演じた内田理央は、稲葉から「貴重な授乳シーンがあった」と言われて大焦りし、「台本に『授乳する』と書かれていて、どうやればいいのか混乱しました。まだやったことありませんし!」と語って、ステージ上と客席からの爆笑を誘った。

『マッハ』編のゲストヒロインで、『ドライブ』テレビシリーズ第27、28話で起きた事件において剛と関わりを持った女性・西堀令子を演じたはねゆりは、初めて生で体験する『ドライブ』ファンたちの熱気とパワーを受けて「さっきまでの緊張が、感動に変わった」と目を輝かせた。Vシネマ出演にあたっては「テレビでは逮捕されて終わったキャラクターなので、今回ハッピーな感じで幕を引くことができてよかった。一つの役を演じさせていただいた上で、気持ちよく終わることができました」と語り、晴れやかな笑顔をのぞかせた。

Vシネマ『ドライブサーガ 仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート』は2016年11月16日にDVD&Blu-rayでセル・レンタルがリリース。セル版は「通常版」のほかに、「DXシフトライドクロッサー/シフトハートロン(キャラボイス入り)」が付属する初回生産限定「シフトライドクロッサー/シフトハートロン版」が発売される。

(C)2016 石森プロ・テレビ朝日・ADK・バンダイ・東映ビデオ・東映
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

(秋田英夫)