舘鼻則孝が岡本太郎にオマージュを捧げる展覧会を開催 ″生ける骸骨″を一般公開へ

写真拡大

 アーティストの舘鼻則孝が、展覧会「舘鼻則孝 呪力の美学」を東京・南青山の岡本太郎記念館で開催する。岡本太郎のアトリエなどを含む館内全てをジャックし、舘鼻則孝の展覧会としては史上最大規模となる。会期は2016年11月3日から2017年3月5日まで。 舘鼻則孝、自身最大規模の展覧会開催の画像を拡大

 「舘鼻則孝 呪力の美学」では新作を展示するほか、自身のガイコツを鋳造彫刻にし、昨年12月に和敬塾で限定公開した「TRACES OF A CONTINUING HISTORY」の一部を初めて一般公開する。「岡本太郎は孤高の存在」だという舘鼻則孝は、今回の展覧会について「私にとってのプリミティブ・アートの象徴とも言える太郎へのオマージュであり、過ぎ去ろうとしない時代を見つめ直す機会ともなった」とコメント。会期中は作品解説や岡本太郎に関するトークイベントを開催する。■「舘鼻則孝 呪力の美学」会場: 岡本太郎記念館(東京都港区南青山6丁目1-19)会期: 2016年11月3日(木・祝)〜2017年3月5日(日)休館日: 火曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12/28〜1/4)及び保守点検日。 開館時間: 10:00〜18:00(最終入館 17:30) 観覧料: 一般 620円(520円)小学生 310円(210円) *( )内は15人以上の団体料金 ■アーティスト トーク2016年11月9日(水):19:00〜 「舘鼻則孝が語る - 呪力の美学 -」2016年12月14日(水):19:00〜 「山口桂(Christie's New York)×舘鼻則孝」2017年1月13日(金):19:00〜 「平野暁臣(岡本太郎記念館館長)舘鼻則孝」公式サイト