12星座【人事に向いている】星座ランキング 射手座は人柄で優秀な人材を獲得!

写真拡大

 社員の採用や教育、社内組織の構成や環境改善など、多彩で重要な業務を担っている人事の仕事。組織の発展にも関わり、会社の要とも言えるでしょう。今回はそんな「人事に向いている」星座をランキングで紹介します。

■第1位 天秤座……人事は天職!
 社交的でありながらも公正な判断を下すことができる天秤座にとって、人事は正に天職です! コミュニケーション能力に優れていてバランス感覚もあるため、社員がどんな人であるか、そしてどんな人材が組織のどの場所に必要かを把握することが得意。また不正には厳しいという一面もあるため、ズルをしている人やサボり上手な人も見逃さず、クリーンな人事管理を行うことができるでしょう。

■第2位 山羊座……縁の下の力持ち
 常に現実的で真面目な山羊座は、主観を入れずに冷静に人や物ごとを見る目があるため、人材や業務の采配はお手の物です。また、ときには人事整理などの憎まれ役や汚れ役が必要な場面も出てきます。そんなときには、歯を食いしばりながらもつらい役を引き受け、会社を支える縁の下の力持ち的な存在になれるでしょう。

■第3位 射手座……人柄で優秀な人材を獲得!
 おおらかで明るい雰囲気から、自然と人が集まる射手座。その魅力は人事の場でも重宝されます。たとえば面接時、射手座の人柄が人を惹きつけ、会社が欲する優秀な人材をあっさりと獲得してしまいます。さらに社風をつくりだすコアの部分に射手座がいることで、社内全体が和気あいあいとしたムードとなり、なくてはならない存在となるでしょう。

 第4位は乙女座。分析力と管理能力に優れているため、堅実な人材配置や制度の企画、業務の改善提案などを行うことができます。第5位・双子座は情報収集能力が高いので、SNSなどの最新ツールを駆使しながら必要な人材を集めたり、仕事を効率よく回したりできるでしょう。第6位・獅子座は、リーダー気質で人を管理する能力に長けているため、組織構成や人材育成で頭角をあらわします。

 第7位は水瓶座。独特の感性を持っているので、ほかの人が気づかない社員の魅力や才能を引き出し、組織の戦力を発掘していくでしょう。第8位の蠍座は口が堅く秘密主義のため、社員からの相談や公表前の人事異動・組織変更の情報など、人事において重要な守秘義務を忠実に守ることができます。第9位・牡牛座は、堅実に人を選ぶ姿勢はありますが、資格や出身校などの条件面に重きを置きがちです。

 第10位は牡羊座。感覚で即動くタイプのため、膨大な情報や多様な価値観からじっくり判断する必要がある人事の仕事とはあまり相性がよくありません。第11位・魚座は、押しに弱く共感力が高いため、能力のない人を同情心から採用してしまい後悔する……なんてことになりかねません。

 そして第12位は蟹座。感情的で物ごとを好きか嫌いかで判断します。面接官になったときには、相手への好感の度合いで採用・不採用を決めてしまう恐れがあります。また、苦手な人や嫌いな人を敵のような存在として認識し、報復人事を行ってしまう危険性も。公正で冷静な判断が必要な人事の仕事に向いているとは言い難いでしょう。

 会社の顔と言っても過言ではない人事に、優秀な人が就いていると安心できますよね。人事に携わる人の星座をさりげなくチェックすることで、今後の会社の行く末を予測できるかもしれません。今回のランキングをぜひ参考にしてみてくださいね!
(スピカ)