芸術の秋、読書の秋、行楽の秋…など、何に取り組むにもいい季節がやってきました。無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』では、「スポーツの秋」を取り上げ、なぜ秋に運動をするといいのか、いやむしろ「すべき」なのかという理由を紹介しています。単に涼しいから、だけではなかったんですね。

スポーツの秋に何をしよう?

秋は運動にも適した季節ということで、「スポーツの秋」としても親しまれます。なぜ秋が運動にいいのか? というのは、暑すぎず、寒すぎず、気候がいいというのはあります。

でも、単に涼しいからいい、ということなのでしょうか?

実は、身体には、体温を一定に保とうとする働きがあります。夏に汗をたくさんかくのもそうです。暑くなりすぎないように発汗することで熱を逃しているのです。秋は涼しくなりますから、外気温の方が低くなります。その分、身体も冷えてくるので、冷えないようにエネルギーをたくさん出して、熱を発生させます。その働きを「基礎代謝」といいます。

秋は基礎代謝が高まる時期なのですが、運動することでさらに基礎代謝があがるのです。

冬はさらに代謝がアップするのでエネルギーをたくさん必要とします。そのために身体は何をしようとするでしょうか? そう、「エネルギーを蓄えよう」という方向に動きます。「食欲の秋」がここで出てくるのです。

どうしても秋にたくさん食べておきたいというのはある意味、自然なことなのです。しかし、代謝が活発であれば,そのエネルギーは使われていきますが,運動不足のままだと蓄えられたままに…。

秋に代謝を高めておくことで、冬に太りすぎないようにする、というためにも、秋には運動をしておきたいところですね。

image by: Shutterstock

 

出典元:まぐまぐニュース!