ちょっと変わったダイエットを

写真拡大

おいしいものばかりでついつい食べ過ぎてしまう季節です。「最近なんとなくウエストがきついんだけど...」なんて人に、ちょっと変わったダイエット法をピックアップしてみました。「食べるのを我慢」とか「運動しまくる」とかキツイ要素はゼロなので、試す価値ありですよ!

ホントに食べていいの? 夢のスイーツダイエット

【アイスクリームダイエット】

朝起きたら朝食代わりにすぐバニラアイスを食べる方法と、昼食と置き換える方法があります。

・アイスで痩せるなんて半信半疑だったけど、食べ続けて1か月で体重が3キロ減。
・2か月、毎日朝、バニラアイスを食べていただけなのですが、気がつけば5キロの減量に成功。
・今のところ3キロ痩せてリバウンドなし。ダイエット食品を買うよりも断然安いので続けやすい。

ポイントはなんと、脂肪分が12%以上のものを選ぶこと。これは、脂肪分が少ないとおいしくするために、砂糖などの糖分がたくさん使われている場合があるからだそうです。安価なラクトアイスやアイスミルクといった商品は乳脂肪分が少ないので効果が期待できませんので注意してください。参考までに、ハーゲンダッツのバニラは乳脂肪分15%です。

【チョコレートダイエット】

カカオ70%以上のチョコレートを小分けにして、1日に板チョコ半分程(だいたい50グラムくらい)食べます。チョコレートに含まれるポリフェノールで血流が良くなり、冷え症の改善につながり、代謝がアップします。食欲を抑えてくれる効果があるので、食前や食後がオススメ。ダイエット中のストレスが緩和される効果もあります。

・お腹がぐーっと鳴ったら食べるようにしたら 自然と普通の食事量も減った。 10日で2キロ減ったのは予想外。
・ご飯の5分くらい前にちょこっとだけ食べると、空腹感がぐっとやわらいで食べ過ぎを防げる。

スイーツではないけれど、お肉大好きな人にはうれしいのがこちらのダイエットです。

動き方にもひと工夫、、、あれ?簡単じゃない?

【肉食ダイエット】

肉と葉物野菜をメインに食べ、麺類やご飯は少な目にという点で「低炭水化物ダイエット」の1種とも言えます。肉は脂肪分の少ないものを選んでください。砂糖やみりんなどの糖質の多い調味料もひかえること。

・糖分ほぼ0の状態でやってみたら、すぐに効果が出てきた。
・1週間で2、3キロ減は余裕。好きなお肉を好きなだけ食べられて、体重が面白いように減っていく。

筋トレするとさらに効果アップ。筋肉の量を増やして基礎代謝をアップし、痩せやすい体を作ります。

筋力つながりでこんなものもありました。

【貧乏ゆすりダイエット】

下半身痩せを希望する方にオススメ。ふくらはぎの筋肉を動かすことにより、血行促進、老廃物を流す効果があります。驚くことに、貧乏ゆすりの運動量はウォーキングと同じ、またはそれよりも多いという結果が出ています。効果的なのは、寝る前のリラックスタイムだそうです。

・冷え性やむくみ対策にもなるので、デスクワーク中にいい。

5分でふくらはぎマイナス4ミリという口コミもありました。ただし、周りの人をイライラさせないように気を付けて!

この手があったか! 想像のななめ上をゆくダイエット

【涙活ダイエット】

「涙活」とは能動的に涙を流す時間を設け、心のデトックスをする活動です。「怒りの涙」「攻撃の涙」は暴食に走りがちで逆効果らしいので、「悲しい涙」「感動の涙」「うれしい涙」「共感の涙」を流すようにしましょう。1週間に1回は泣くといいらしいです。感動モノの映画を見たり、泣ける漫画や小説を読んだりするのが手っ取り早そうです。

・気持ちがスッキリするせいかドカ食いしなくなった。

【青色ダイエット】

「青」にはリラックス効果がある一方、「消化器の働きを抑制する」「食欲を抑制する」という色彩効果があるそうです。食卓の照明を青にしたり、食べ物に青色の色素を使ったりという方法もありますが、ちょっとハードル高いですよね。1番手軽なのは、青い食器に食べ物を盛り付けるという方法でしょう。外食のときは青いレンズのサングラスをかければOK!

・ダラダラと食事をしなくなった。
・無理に制限されることがないので、ダイエット中のイライラがなくなった。

以上、ユニークダイエット6選でした。半信半疑の人も、気になったらお試しを。相性が良ければ、効果絶大の可能性も......。ただしやりすぎは禁物。体調に変化があったら休止してくださいね。