写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フィンエアーグループ(本社: フィンランド)は現地時間の10月10日、アジア路線の成長に向けた取り組みの一環として、成田線と香港線にエアバスA350 XWB(A350-900)を投入し、2017年夏期スケジュールで増便を実施することを発表した。

同社は現在、A330を使用し毎日運航しているヘルシンキ=成田線に、2017年6月5日〜10月27日までA350を投入し、週4便増便する。これにより、ヘルシンキ=成田間を結ぶ直行便は、同社と提携パートナーであるJALの両社合わせて週18便となる。成田線の増設便は、JAL、ブリティッシュ・エアウェイズ、イベリア航空の4社共同事業の一環として運航を予定している。

フィンエアーは2017年夏期スケジュールにおいて、成田以外に大阪/名古屋/福岡とヘルシンキを直行便で結び、日本では週に計35便が運航されることとなる。また、香港線についても6月6日〜10月28日までの間、A350を追加投入し、直行便を週3便増便する。現在、ヘルシンキと香港を共に深夜に出発する便を毎日運航しているが、今回、同区間の運航数が週10便に増便されることで、ヘルシンキを午後出発する便と香港を午前中に出発する便を自由に選択できるようになる。

フィンエアーのチーフ・コマーシャル・オフィサー(CCO)であるユハ・ヤルビネン氏は、「A350の投入による成田線と香港線の増便により、フィンエアーはアジア=ヨーロッパ路線の発展に取り組み、近年、お客さまの間で人気の高い2都市におけるプレゼンスを高めます。フィンエアーが、最初のA350を受領してから1年が経ち、現在7機がフィンエアーの路線で運航されています。さらに多くのお客さまがこのすばらしい機体にご搭乗いただける日を心待ちにしています」とコメントしている。

フィンエアーは、2017年には4機のA350を受領する予定。2023年末までには、保有するA350の数は合計19機となる。