『ジェイソン・ボーン』 (C) Universal Pictures

写真拡大

『ボーン』シリーズ最新作の『ジェイソン・ボーン』が10月7日に全国333館416スクリーンで封切られ、週末2日間で動員24万6617人 興収3億4523万6800円と大ヒット。週末興行成績では7週連続1位をキープする『君の名は。』に及ばなかったものの、前作『ボーン・アルティメイタム』(07年)のオープニング成績(土日2日間興収3億2498万7800円)を上回り、シリーズ史上最高の大ヒットスタートを切ったことがわかった。

[動画]『ジェイソン・ボーン』予告編

9年ぶりの新作公開を待ちわびた熱心なシリーズファンはもちろんのこと、9年の間にシリーズの虜になった若い映画ファン、アリシア・ヴィキャンデル目当ての女性ファンなどが劇場に足を運び、週末のスクリーンは大賑わいとなった。

『ジェイソン・ボーン』と過去のシリーズ作の週末興行収入は以下の通り。

『ジェイソン・ボーン』
●2016年10月7日(金):1億150万9200円
●2016年10月8、9日(土・日):3億4523万6800円
●2016年10月10日(月祝):1億38,12万9,500円
※5日間累計興収:5億8560万7700円

『ボーン・アイデンティティ』
●2003年1月25日(土):1億2540万6100円
●2003年1月26日(日):1億3741万4300円
※ 土日2日間興収:2億6282万400円

『ボーン・スプレマシー』
●2005年2月11日(金):1億1770万8350円
●2005年2月12日(土):1億1176万6650円
●2005年2月13日(日):9424万2650円
※土日2日間興収:2億600万9300円

『ボーン・アルティメイタム』
●2007年11月10日(土):1億7704万3200円
●2007年11月11日(日):1億4794万4600円
※土日2日間興収:3億2498万7800円