愛犬も大好きな鶏肉・・・栄養面はどうなの?

皆さまのお宅のワンちゃん達は鶏肉がお好きでしょうか?

我が家の愛犬は鶏肉がとっても大好物!「チキン欲しい?」って愛犬に聞くとジャンプして大喜びする程、うちの愛犬は鶏肉が大好きなんです。

ホント、都合の良い言葉は良く覚えている愛犬です。

そんなワンちゃん達が大好きな「鶏肉」って主にどんな栄養があるのでしょうか?

鶏肉は犬にとってもヘルシーな食材

鶏肉は一般的には消化に良く、高タンパク、低脂肪で滋養にも良いヘルシーな食べ物と言われています。

主な栄養と言われるタンパク質とは一般的には血液や皮膚を構成している成分であり、「怪我の修復」にも必要な栄養と言われているそうです。

その他、鶏肉には細胞同士を結びつけるコラーゲン等も豊富に含まれていることは有名です。
コラーゲンは美容成分としてご存じの方も多いと思いますが、肌や関節の動きを助けてくれます。

また、鶏肉は各部位によって豊富に含まれている栄養もさまざまです。

胸肉やささみは必須アミノ酸が豊富!

鶏肉の胸肉の部分や、ささみの部分は各部位の中でも比較的低カロリーで脂肪分が少なく、必須アミノ酸の1つであるトリプトファンと言う成分が多く含まれています。

トリプトファンとはストレスや不眠、興奮した神経を静める働きのある栄養です。
疲れた愛犬の心の栄養補給にとっても効果的です。

我が家の鶏肉メニュー

豊富な栄養素につまった鶏肉。どのようにして与えてあげたら良いのでしょうか??

我が家では、ご褒美メニューとして週に1回程度を目安に与えています。

鶏肉とフードのご飯

作り方は以下です。

 〕儖佞靴新榮を脂身、骨等を包丁できちんと取り除いきます
◆,湯で茹でて細かくほぐします
  ↓△把翰した鶏肉をドライフードと混ぜて与えます

※1日の量の目安は20グラム程
※お肉を与えるときはドライフードはその分減らします。

▲フードに茹でた鶏肉をトッピング。この調理法がシンプルですがうちのワンコは一番好きみたいです♪

鶏肉の茹で汁で熱中症予防!

実は、上記で調理した際に出る、「鶏肉の茹で汁」で、熱中症の予防の為にも利用する事が出来ます。

熱中症の予防の為にしっかり愛犬に水分をとってもらいたいところなのですが、なかなかうちの愛犬はお水を飲んでくれない犬なので心配してました。

先輩犬友さんのアドバイスで、鶏肉の茹で汁をティースプーン一杯分だけお水に混ぜました。すると、鶏肉の匂いに釣られてしっかりと水分をとってくれました!

▲鶏肉の茹で汁はティースプーン一杯分だけ

▲茹で汁を混ぜると良く水分を取ってくれます。

鶏肉のジャーキー

その他には鶏肉のジャーキーなんかも手作りのご褒美おやつとして作っています。

作り方は以下の通りです。

々と脂身を取った鶏肉を小さめに切ります
下準備した鶏肉を150℃に予熱したオーブンで50分程度焼きあげます

※目安は焦げ過ぎない程度にワンちゃんのお好みの固さまでオーブンの様子を見ながら焼き上げます

▼自家製ジャーキーの完成!

※注意!※手作り無添加なので4〜5日で以内に食べて下さい。

鶏肉の皮で愛犬の関節を強化

次に、愛犬の健康の為に食べさせたい鶏肉の部位は鶏肉の皮です。鶏肉の皮にはグルコサミンやコンドロイチン等の栄養素が豊富に含まれています。

グルコサミンやコンドロイチンは愛犬の関節の動きをスムーズにしてくれる大切な栄養素です。

しかし、注意しなければいけない点があります。鶏肉の皮は犬にとって高脂肪でカロリーがとても高いと言うことです。与えすぎには充分に注意しなければなりません。

我が家では、出来る限り脂肪分を包丁で丁寧に削いでトースターで愛犬のお好みのカリカリになるまで大体3〜4分程焼いて小さくカットして1日に2グラム程度を目安に与えてます。

鶏肉を与えるときに注意すること

鶏肉の栄養についてここまで色々とお話ししましたが、最後に鶏肉を愛犬に与えるにあたって気を付けなければいけないことがいくつかあるのでお話します。

鶏肉を生で与えちゃダメ!

生で与えるのは大変危険です。サルモネラ菌等に感染すると食中毒を引き起こしてしまい大変な事になります。
万が一、食中毒を起こしたら下痢や嘔吐を起こし、大切な愛犬の命にも関わります。

鶏肉の「骨」に注意!ケガの元です!

次に、鶏肉の骨に気を付ける事です。

子供の頃、アニメや絵本で犬が骨をしゃぶっているシーンを何度か見た経験が記憶にあります。
私も犬を飼うまでは犬イコール骨をしゃぶってるってイメージがありました。

確かにワンちゃん達は骨が好きなようですが、鶏肉の骨に関しては注意が必要かと思います。
何故ならば、鶏肉の骨は一旦、火を通すと縦に割れる性質があります。

現在、様々な情報があり「鶏肉の骨も食べても大丈夫。」って思う方もいるかもしれませんが、大切な愛犬が万が一、鶏肉の骨を誤飲してしまったとき、割れた骨が喉や胃腸を傷つけてしまう可能性もあるので与えるときは骨が残っていないか充分に気を付けましょう。

鶏肉の与えすぎに注意!

鶏肉はワンちゃんにとってヘルシーで栄養素が豊富に含まれている嗜好性の強い食べ物だと思います。

与えすぎには充分に気を付け、飼い主さんの管理のもと安全に与えて下さい。
また、初めてのワンちゃんには様子を見ながら少量づつ与えて下さい。

まとめ

一見ヘルシーでわんちゃんの健康にも良さそうな鶏肉。ご家庭でもすぐに手に入る食材なだけあって、活用していきたい食材ですよね。

しかし、このように、手ごろな食材だからこそ、注意点をよく理解して与えるべきだと言う事が良く分かりましたよね。

「〃榮は与えず加熱して与える」「鶏肉の骨は必ず取って与える」「7榮は与えすぎてはいけない」この三つだけでも覚えて頂けると幸いです。

愛犬の健康の為に、そのわんちゃんに合った食材を上手に与えて行きましょう♪

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧