さばと好相性の粒マスタード味で食が進む!/調理=柳原るり 撮影=鈴木泰介

写真拡大

青魚の代表格・さばをもっと食べたいけれど、みそ煮ばかりだとちょっとマンネリ……というときに、試してほしい洋風レシピです。意外や意外、粒マスタードはさばと相性! 魚の臭みも消してくれ、冷めてもしっかり味なので、お弁当にもぴったり。しかも時短調理、とうれしいことづくめ!!

【写真を見る】さばは煮る前に湯にさっとくぐらせ、汚れや血を洗っておく/調理=柳原るり 撮影=鈴木泰介

【さばの粒マスタード煮】(1人分230Kcal、塩分1.9g、調理時間10分)

<材料・2人分>さば(半身)160g、長いも(細いもの)100g、貝割れ菜適量、煮汁(酒大さじ3、粒マスタード・しょうゆ・みりん各大さじ1、水70ml)

<作り方>

(1)さばは半分に切り、鍋に湯を沸かしてさっとくぐらせ、表面が白くなったら網じゃくしで引き上げ、冷水にとる。汚れや血を洗い、ペーパータオルで水けを拭く。長いもは7mm厚さのせん切りにする。

(2)フライパンに煮汁の材料を入れて火にかけ、煮立ったら長いも、さばを皮目を上にして入れる。アルミホイルで落としぶたをし、約5分さばに火が通るまで煮る。

(3)器に盛り、フライパンに残った煮汁をかけ、貝割れ菜を添える。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】