クッキーで北海道・浜中町の酪農を応援! 洋菓子ブランドのシーキューブ、新規酪農者4名に子牛4頭を贈呈<PR>

写真拡大 (全2枚)

洋菓子ブランド「C3(シーキューブ)」を展開する株式会社シュゼットはこのたび、北海道・浜中町で新しく酪農を始める方4名それぞれに子牛を贈呈する式典を行った。これは、北海道産のバターやチーズ等を使用しているシーキューブが、毎年3%ずつ減少を続ける酪農家の現状に危機感を持って開発した就農支援金付き商品『カウカウクッキー』の売上および寄付金によるもの。

贈呈式では、新規就農者4名それぞれに生後3ヶ月の子牛が渡された。新規就農者の沼田さんは「今年就農したばかりの新人ですが、皆様のご期待に応えられるように頑張っていきます。この子の名前は嫁と同じ『ユミコ』にしました。良く食べて、良く寝て、良く働く、そんな嫁のような牛に育ってもらいたいです。」名前に込めた想いを話した。また、北海道出身の水本さんは「この子が牧場の希望の光となるように『ヒカリ』と名付けました。ヒカリの子どもや孫ができるよう大切に育てていきます。」と意気込みを語った。

「カウカウクッキー」は、新千歳空港内の土産ショップをはじめとして、全国の「シーキューブ」計27店舗とともに、公式オンラインショップ(https://www.suzette-shop.jp/shop/c/cC3)でも購入できる。