社長のキスを進んで受け入れる女性社員たち

写真拡大

 先日、河南省鄭州市のある企業が、女性社員に生理周期の報告を義務付けたというニュースをお伝えしたが、今度は北京のある企業のトンデモ社則が物議を醸している。

「中華網」(10月6日付)などによると、問題の社則は次の通り。

「毎朝9時から9時半までは、チームのモチベーションを盛り上げるための特別な時間。女性社員は毎日列を作り、社長のキスを受けなければならない」

 なんと女性社員は、毎朝、社長とキスすることを定めているのである。ネットに投稿された同社の“モーニングキス”の動画には、社長とおぼしき中年男性のキスを嫌がることもなく唇で受け止める女性たちの姿が映し出されている。
 
 この奇妙な光景に対し、中国版Twitter「微博」には「セクハラだ」といった会社や社長への批判がある一方、「最近の女は、金のためなら、なんでも受け入れるんだな」「洗脳に成功しているから、これがおかしいという意識がないんだろう」といった、女性たちの態度を問題視するコメントも多く見られる。

 セクハラ社則を掲げる企業は、こればかりではない。「成都全搜索新聞網」(9月30日付)が報じたところによると、同市のある企業には、こんな規則が。

「毎朝8時半から9時の間は、女性総裁がハグする時間。この時間内に出勤した社員は、美女総裁のハグを1回受けることができる。12時半から13時の間は、管理職がハグする時間。各部署の管理者は、部内の全社員をハグしなければならない。17時半から18時の間は、社員がハグする時間。社員は、他部署の人間とハグしなければならない。ハグする時間は、3秒を下回ってはならない」

 しかも「親密な接触を拒んだ場合」は50元(約750円)の罰金が科せられるという厳しいものだ。

 労働者の権利意識高まる中国のこと。こうしたセクハラ社則は、やり玉に挙げられそうだが……。中国事情に詳しいフリーライターの吉井透氏は話す。

「これらの会社は、おそらく給与や待遇がいいのでしょう。それさえよければ、中国の労働者は文句を言いませんから」

 金こそが正義、というわけか……。
(文=中山介石)