「IoTシューズ」を履いて恐竜とかけっこだ! よみうりランド内に体験型迷路アトラクションが新登場

写真拡大 (全4枚)

 従来の遊園地とは異なる新しいエンターテインメント性を追求し人気を呼んでいる、よみうりランド(東京都稲城市)の「グッジョバ!!」エリア。その中に、日本初となるIoTシューズを活用した体験型迷路アトラクション「FUMM ADVENTURE(フームアドベンチャー)」が、10月8日から12月4日までの期間限定でオープンした。

 よみうりランドとKDDIの「au未来研究所」がタッグを組んで生まれたこのアトラクションは、通信機能を備えたIoTシューズ「FUMM(フーム)」を子どもが着用。スマートフォンを持った親とともに「恐竜エリア」「ロボットエリア」「星エリア」の3つのエリアを回り、さまざまなミッションにチャレンジすることで親子のコミュニケーションの活性化や、子どもの豊かな想像力を伸ばすことを目的としている。

 IoTシューズ「FUMM」は、「カラー」「感圧」の2種類のセンサーを搭載した最新の靴型デバイス。「カラー」センサーは各エリアに敷かれているさまざまな色のカラーシートに反応。子どもが施設内のどの位置にいるかを感知する。「感圧」センサーは子どもが歩くことで反応し、各エリアのストーリーに沿って、スマホ画面上に音と映像が流れる仕組みとなっている。例えば、「恐竜ゾーン」では「ドシーン」という足音、「ロボットエリア」では「カシャーン」という足音を楽しむことができる。各エリアには「ビーコン」というBluetooth信号を送る発信機が埋め込まれていて、子どもがビーコンの前を通過すると、スマートフォンが信号を受信し、スマホ上に各エリアに応じた“アクション司令”が通達される。それを実行し、見事クリアすれば、星が一つずつ増えていき、最終的に星が10個集まるとミッション“完全クリア”となる。

 利用は、親(もしくは中学生以上の付き添いが必要)と子どもの二人一組が対象で、子どもは4歳以上。靴のサイズは16センチ〜20センチを用意しており、小学生低学年ぐらいまでを想定している。なお、アトラクションに必要な「スマホ」と「靴」はセットで貸し出されるといい、料金は1セットで500円(別途よみうりランドの入園料が必要)。最大4人まで同時入場できるが、貸出セット数に応じて課金される。

 10月7日のプレス向け体験会では、実際に子どもがアトラクションに挑む姿も公開された。

 アトラクションの基本設定は、「星の王様」が地球上の「過去」や「未来」に落としてしまった“星のコア”を取り戻すためにタイムトラベルをするというもの。

 太古の世界が広がる「恐竜エリア」では、迷路の途中に、池に落ちないように葉っぱの上をジャンプして渡る「葉っぱジャンプ」のミッションが待ち受ける。メーンエリアでは、巨大なティラノサウルスと「星のカケラ」を懸けて「かけっこ競争」を行う。ここでは、「FUMM」が足元の色を感知し、数をカウント。30秒間で何回足踏みできたかを競う。

 未来の世界を表現した「ロボットエリア」では、さらにミッションが増加。“溶鉱炉”の上にかかっている細い一本橋から落ちないように渡ったりするほか、動けずに困っている巨大ロボットを救出するミッション「うごけないロボットをたすけよう!」が発生する。

 最後の「星エリア」では、ミッションクリアのご褒美として、星空の明かりを表現した巨大な万華鏡による、光を用いた特別な演出を楽しむことが出来る。

 体験を終えた中村由吏(なかむら・ゆうり)くん(7歳)は「ティラノサウルスとかけっこ競争するのが楽しかった。最後の万華鏡がすごくきれいだった」とニッコリ。「また来てみたい」と声を弾ませていた。

 「FUMM」の開発に携わったKDDIデジタルマーケティング部・部長の塚本陽一氏は、今回のコラボを「よりたくさんの人に『FUMM』を体験してもらうためのリアルサービスの第一歩」と位置づけ、「非常にうれしく思っている」とコメント。

 よみうりランド・遊園地事業本部・副本部長の曽原俊雄氏も「今後は“受け身”で楽しむアトラクションだけでなく、能動的なアクションを引き起こすアトラクションに可能性がある」とし「今回、遊園地にIoTという概念が入ったことによって、エンターテインメント業界がさらに大きく発展していくと感じている」と期待を寄せていた。