10日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国市場での韓国車の販売不振について伝える記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年10月10日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国市場での韓国車の販売不振について伝える記事を掲載した。

記事によると、かつては日本車が占めていたシェアをどんどん食っていった韓国車が、最近では日本車と中国車にシェアを奪われつつあるという。

今年の中国市場での日本車の販売台数は400万台を突破する見込みで、これは日本市場での販売台数に匹敵する。しかし韓国車は、これまで中国市場で順調にシェアを伸ばしていたものの、2015年から販売数が下落に転じた。その主な理由について記事は、中国メーカーの台頭にあるとした。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「だったらタイトルは春がやって来た中国車、哀れな末路の日韓車とすべき」
「韓国車を買うんだったら中国車を買うよ。今は中国車の品質もなかなか良くなった」

「俺は日本車を買ったとしても韓国車は買わない」
「韓国車を買う人は自分で自分を欺いている」

「韓国車は日本車と質で争うことはできない」
「韓国車はエンブレムがかっこ悪すぎ。日本やドイツの方が美しい」

「車のことが分かる人が増えてきたということだろ」
「指導者たちだってトヨタのコースターに乗るんだからな」

「韓国車は丈夫で、長持ちすると思う」
「これは朴槿恵(パク・クネ)大統領を恨むべきだな。高高度防衛ミサイル(THAAD)を配備した上に、反中で中国漁民の命を奪ったのだから」(翻訳・編集/山中)