写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●人を中心に据えたIoT活用による本当に豊かな社会とは?
2016年10月4日から7日にかけて幕張メッセで開催中の「CEATEC JAPAN 2016」において、富士通 代表取締役会長 山本正已氏は「IoTがもたらす豊かな未来に向けて」を題したキーノートスピーチを行った。

山本氏はスピーチの序盤で、すでに社会で活用されているIoTの事例を紹介。海外事例・国内事例をとりまぜて、位置情報等を利用した交通マネジメント、農業分野でセンシング技術を活用した植物工場での品質管理、産業分野での製造工程の最適化、医療現場での自立支援といった事例が紹介した。

その後、富士通が描いている2035年のビジョンが語られたが、この中ではバーチャル空間上で世界各地の人々が理解しあえるコミュニケーションを実現する世界などが描かれた。これは実際の距離にかかわらず対面しているかのように話せる技術、文化の違いを織り込んだ自動翻訳、専門家の意見などを示しながら合意形成を行うAIのファシリテータといったものが活躍いて実現する世界だ。

それ以外に、蓄積された健康データを新薬開発や医療の発展に役立てるほか、AIによる健康指導も行い健康寿命を伸ばす取り組みや、その結果得られた長い健康需要やテクノロジーの活用で得られた余暇を活かす多彩な人生といったものも語られた。

「これらはテクノロジーロードマップからは十分実現可能な世界。IoTはこうした豊かな社会をもたらす力がある。それに向けて、乗り越えなければならない課題も多くある」と山本氏は語った。

○技術的な多くの課題と対応

課題とその解決については、技術・社会・経済という3つの面からの語られた。

技術の課題としては、高精度化や電力の例が挙げられた。センサー技術を利用して人の動きを検知するソリューションが多くあるが、現在は数メートル単位での誤差が出るため大きなエリア間の移動程度しか測定できない。最近は数十センチレベルで測定されるセンサーが登場しているが、今後はより高精度化が求められるだろう。そして、社会的なインフラの監視などではセンサーの設置場所に電源がなくても利用できるよう環境発電を利用した自家発電モジュールなどの活用も求められている。

またネットワークへの要求も高度化・多様化する。大容量コンテンツに対応できる高スループット、大規模イベントに対応する大容量、移動体での利用で要求される高信頼・低遅延、工場やインフラといった多彩な場で利用するための多種多様接続といったものが求められる。こうした課題には、標準化活動がはじまっている5G通信や、クラウドコンピューティングの負荷を分散するエッジコンピューティングといった形で対応の動きがはじまっている。

データ活用に関しては、集めたデータをよりよく活用するための動きとして人工知能の研究が進められていることが語られ、その例として顔認識や画像認識の利用例が挙げられた。現在は人工知能の思考過程がよく見えない部分も多いが、今後の利用にはそうしたブラックボックス化を回避することが必要で、画像や音などを並列処理することで人間の能力を補完する使い方の実現も必要であるとした。

そしてデータを活用して行く場として、ブロックチェーンによる展開も語られた。第2のインターネットになるかもしれないという指摘とともに、展開が有望な事例として高効率なシェアリング、オープンかつ高信頼で高効率なサプライチェーン、プロセスや取引の自動化と効率化といったものが挙げられた。

●社会的・経済的課題を乗り越えて日本がリーダーとなるべき
社会的な面からの課題は、データを扱う上でのコンセンサスの形成だという。現在は企業ごとにデータを保有しているが、活用を考えれば企業の枠を超えたデータ活用が必要であり、安全な活用のためのルールづくりや仕組みづくりが必要となる。すでにさまざまな形で対応がはじまっているが、今後はより広範に連携する取り組みが必要となって行くだろう。

経済的な側面では、大きな価値が試算されている。合理化・省力化の次には、新たなビジネス価値の創出、広範囲での最適化といった形で活用が進むと考えられる。一方でユーザーにとって利便性となるテクノロジー活用による効率化が、企業にとっては収入源につながる部分があるのが課題だ。これについて山本氏は「社会全体としてIoTを進めて行くには、このような課題を乗り越えて、投資がリターンにつながる好循環モデルを作っていかなくてはならない。解決策の1つとしては消費者と企業を1対1とするのではなく、複数のプレイヤーを巻き込んだビジネスモデルを作り出すことが考えられる」と語った。

また今後の社会動向として都市化・長寿命化・グローバル化という大きな変化が出てくることを指摘。世界に先駆けて超高齢化社会を迎えるなど早くから社会的課題に直面している日本は、IoTの恩恵を享受できる位置にあると語った。

技術的にも社会環境的にもIoT活用のリーダーとなれる素養がある日本が、2020年のオリンピック開催時にはIoT活用の進んだ社会を世界に見せられる側になろうという呼びかけも行った山本氏は「大切なのは人を中心に考えること。人工知能が発達し、ロボットによる自動化が進む時代だからこそ、人を支え、人のポテンシャルを最大限に発揮できるテクノロジーでなければならない。IoTの力で人を幸せにする、本当に豊かな社会を実現する。テクノロジーを生み出す側として、富士通はヒューマンセントリックを駆使してそれを追求して行きたい」と結んだ。

(エースラッシュ)