「マンシングウェアレディース東海クラシック」に続く今季3勝目を目指すテレサ・ルー(撮影:秋田義和)

写真拡大

<富士通レディース 事前情報◇12日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,635ヤード・パー72)>
 今週を含めて残り7試合となった国内女子ツアー。今週は千葉県にある東急セブンハンドレッドクラブを舞台に「富士通レディース」が開催される。
【関連写真】名物18番のガードバンカー!2年前の大会では菊地絵理香がつかまり初優勝を逃した!
 昨年大会ではテレサ・ルー(台湾)が影を踏ませぬ逃亡劇で完全優勝。シーズン5勝目を飾った。連覇に挑む今年は、9月の「マンシングウェアレディース東海クラシック」で2勝目を挙げるとともに今月5日(水)には婚約を発表するなど公私ともに絶頂期。勢いそのままに連覇を狙う。
 また、今大会には新垣比菜、勝みなみ、高橋彩華といった3人のアマチュアが出場。新垣、勝はプロトーナメントを制しており、高橋は今年の日本女子アマチャンプ。「日本女子オープン」を制しプロに転向した畑岡奈紗以来のアマチュア制覇の可能性は十分にある。
 その他、ホステスプロの柏原 明日架、先週の「スタンレーレディス」の覇者で2010年、2014年と今大会を2度制しているアン・ソンジュ(韓国)らが出場予定。毎年ドラマを生む、名物18番のガードバンカーをかいくぐり栄冠を手にするのは。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【辻にぃ見聞】優勝のテレサ・ルー、躍進の比嘉真美子に共通するスイングの“最大加速”
【スイング解説】今季5勝のテレサ・ルーはシャフト扱いに長けた“ベストスインガー”
婚約発表のテレサ・ルーは6位 アン・ソンジュが賞金ランク10位に浮上
【WITB】さらなる高みへ、テレサ・ルーが“異例”のシーズン途中でギアチェンジ
プロ転向の畑岡奈紗、一問一答「米女子ツアー優勝 5年以内にメジャーを」