ウッディ・ハレルソン Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images

写真拡大

 俳優ウッディ・ハレルソンが、新作「Lost In London(原題)」で長編初メガホンをとることがわかった。

 ハレルソンが、第36代アメリカ合衆国大統領リンドン・ベインズ・ジョンソンに扮した主演作「LBJ(原題)」(ロブ・ライナー監督)のプロモーションのためチューリッヒ映画祭に出席した際、英Screen Dailyに語ったもの。「Lost In London」はどのようなストーリーなのか、誰が脚本を執筆したのか、ハレルソンは出演も兼ねるかなど詳細は不明だが、英ロンドンが舞台ということだけ明らかになっている。

 ハレルソンは、マジシャン集団とFBIの攻防を描いた人気作「グランド・イリュージョン」の続編「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」が現在、日本公開中。