日本対オーストラリア、忘れられない印象的な7つのシーン

写真拡大

いよいよキックオフの時が近づいてきた、2018年ワールドカップに向けたアジア最終予選オーストラリア対日本戦。

アジアを代表する強豪同士の一戦ということで、世界的にも注目度が高いはずだ。

そんな日本とオーストラリアはこれまで幾多の名勝負を演じている。

今回は、Qoly編集部がその中から7つの印象的なシーンをピックアップしご紹介することにしよう。

1. 雨降る横浜、ヒデが渾身のガッツポーズ

日時:2001年6月7日
試合情報:2001 コンフェデレーションズカップ 準決勝
会場:日産スタジアム(JPN)

コメント:自国開催のワールドカップを翌年に控える日本にとって、貴重なプレ大会だったこの年のコンフェデ。しかし、チームの絶対的な司令塔である中田英寿は所属するローマがまだシーズンを終えておらず、さらに18年ぶりのスクデットがかかっていたため期間限定での合流となった。オーストラリアとの準決勝当日は土砂降りの悪天候となったが、中田は地を這うようなフリーキックを叩き込み、日本に「国際大会初の決勝進出」という置き土産を残してチームを離れている。

選出者:編集部H

2. 因縁の始まりは2006年…

日時:2006年6月12日
試合情報:2006 ワールドカップ グループステージ第1節
会場:フリッツ・ヴァルター・シュタディオン(GER)

コメント:オーストラリアがAFCに加盟した2006年以降、頻繁に顔を合わせるようになった”サッカルーズ”と日本代表。ただ因縁とも言える歴史が始まったのは、この一戦からだろう。

日本は大事なW杯初戦で、中村俊輔のクロスがそのままゴールになるという幸運に恵まれる。だが、その後は押し込まれるようになると残り6分から立て続けに失点…。途中投入のケイヒルとアロイージにしてやられた。敵将ヒディンクは「正義がなされた。この結果にレフェリーは感謝するだろう。(日本のゴールは)明らかにGKへのファウルだった」と語り、英雄になったケイヒルは「夢が叶った」と喜びを爆発させていた。

一方、痛恨の逆転負けに完全に意気消沈した日本。当時のジーコ監督が「犯罪的なスケジュール」と灼熱の時間帯でのキックオフにキレたことも話題になった。あれからもう10年が経つ。

選出者:編集部I

3. 日本を救った!高原直泰、執念のゴール

日時:2007年7月21日
試合情報:2007 アジアカップ 準々決勝
会場:ミーディン国立競技場(VIE)

コメント:オーストラリア戦の逆転負けが響き、ドイツ・ワールドカップでグループステージ敗退に終わった日本。翌年行われたアジアカップ準々決勝での再戦もアロイージに先制ゴールを許し、誰もが「またか…」と肩を落とした。そんな日本を(精神的な意味でも)救ったのがこのゴールだろう。失点直後の71分、相手のクリアミスを拾った高原直泰は深い切り返しで相手DFをかわすと、左足でシュート!これがポストに当たってそのままゴールに吸い込まれ、値千金の同点弾となった。

選出者:編集部H

4. “日本は我々の影”…屈辱のバナー

日時:2009年6月17日
試合情報:2010 ワールドカップ アジア4次予選
会場:メルボルン・クリケット・グラウンド(AUS)

コメント:南アフリカでのワールドカップを控えた2009年6月17日、オーストラリアのホームで行われた最終予選の最終節だ。会場は10万人を収容するメルボルン・クリケットグラウンドだった。中村憲剛のCKから田中マルクス闘莉王のヘディングが決まって先制するも、「天敵」ケイヒルに2点を決められ逆転を許し、敗北した。その試合終了後のスタンドに掲げられたバナーに我々は驚愕する。「NIPPON:FOREVER IN OUR SHADOW(日本は永遠に我々の影)」。ちなみにこの後の5試合で日本は3勝2分けとなり、一度も勝ち点を落としていない。いい気味である。

選出者:編集部K

5. 日本サッカー史に残る劇的ボレー

日時:2011年1月29日
試合情報:2011 アジアカップ 決勝
会場:ハリファ国際スタジアム(QAT)

コメント:ニアサイドへの動き出しに豪州DFデイヴィッド・カーニーが釣られた時点で、ある意味勝負はついていた。 「もっと慎重に」 そんな声も聞こえたゴールだったが、大胆さもさることながら枠内へ飛ばすため体を寝かせ、切るようにボールをとらえた李忠成の技術は圧巻。日本サッカー史に残る特別なゴールの一つである。

選出者:編集部O

6. 陰のMVP!決勝戦のMOMは…

日時:2011年1月29日
試合情報:2011 アジアカップ 決勝
会場:ハリファ国際スタジアム(QAT)

コメント:決勝点のインパクトがあまりに強いアジアカップ決勝オーストラリア戦。しかし、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれたのは川島永嗣だった。彼の再三にわたるスーパーセーブが無ければ、日本は決勝弾の前に力尽きていた可能性が高い。決定的なミスもあった大会だったが、最後に“守護神”としての実力を見事に発揮した。

選出者:編集部O

7. “蹴らせてもらえなかった”本田のFK

日時:2012年6月12日
試合情報:2014 ワールドカップ アジア4次予選 第3節
会場:ブリスベン・スタジアム(AUS)

コメント:ブリスベンで行われた2014年ワールドカップの最終予選。試合は栗原勇蔵のゴールで日本が先制するも、直後にルーク・ウィルクシャーに得点を許し1-1で終盤に。すると後半アディショナルタイム5分に絶好の位置でフリーキックを獲得するも、本田圭佑がボールを蹴る前にまさかのタイムアップ…。日本ではこのジャッジを巡って物議を醸し、インターネット上では本田の豊かな表情も話題に。35.1%の視聴率をマークするなど、いろんな意味で注目を集めた(写真は2013年のもの)。

選出者:編集部S