10日、韓国の朴槿恵大統領は韓国大統領府で日本経済団体連合会の代表団と会談し、日韓両国の交流拡大と協力強化について議論した。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。資料写真。

写真拡大

2016年10月10日、韓国・MBCによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は同日、韓国大統領府で日本経済団体連合会(経団連)の代表団と会談し、日韓両国の交流拡大と協力強化について議論した。

会談で朴大統領は「北朝鮮の非核化と両国間の協力活性化に関心を持ってほしい」と訴えた。一方、経団連の榊原会長は「今年中に朴大統領の初の日本訪問が実現することを期待する」と述べたという。

これについて、韓国のネットユーザーは「韓国の大統領なら、親日清算を一番に考えるべきでは?」「朴大統領は大好きな日本人と会えてさぞかしうれしかっただろう」「北朝鮮の核問題も大事だが、まずは韓国経済をどうにかしてほしい」「国民との意思疎通を嫌がる朴大統領。日本人とは話が合うようだ」「慰安婦問題での合意以降、日韓の距離が急速に縮まっている。良いことだ」「幅広い対等な交流が日韓両国の発展につながることを期待している」などのコメントを寄せた。(翻訳・編集/堂本)