中央なき世界のための「台帳」──『WIRED』Vol.25 特集「ブロックチェーンは世界を変える」に寄せて

写真拡大

10月11日発売の『WIRED』プリント版Vol.25は「ブロックチェーン」特集。おそらく多くの人に聞き馴染みのないこの超革命的テクノロジーを特集するに至った経緯とは? そして特集を通して伝えたいメッセージとは? 最新号発売に寄せて、弊誌編集長が(自らの)質問に答えた。

「中央なき世界のための「台帳」──『WIRED』Vol.25 特集「ブロックチェーンは世界を変える」に寄せて」の写真・リンク付きの記事はこちら

──雑誌『WIRED』日本版、最新号の特集は「ブロックチェーン」ですか。アツいトピックですね。バズワード。

若林(以下同):そうみたいですねえ。ま、確かに去年くらいから、自分の周りでもちらほらと耳にするようにはなってたんですが、正直難しくてよくわかんなかったんですよ。なので、半ば放置してしてたんです。勉強しようと本を買ってみたりもしたんですが、難しいってこともあるんですけど、なんだかつまんなくて(笑)。

──つまらない?

なんかほら、日本でブロックチェーンが言及されがちな、ビットコイン流れのフィンテック周りの動向って、偏見かもしれないですけど、すごく面白そうには見えないじゃないですか。手数料がどうしたとか、送金コストがどうしたとかって、よく知らずに言うのもなんなんですが、まあ、いずれにせよそういうのはビジネス系のメディアがやればよい話なので…とにかく、なんかこうワクワクしないな、と(笑)。

ブロックチェーンの話は、ホントはもっとなんか面白い話なんだという期待があったんですけど、大手銀行とかが出てきていきなりアプリケーションの話になっちゃってる気がして、なんだそれ、と。「未来は銀行がなくなる!」とかって話じゃないと、『WIRED』的には基本テンション上がらないんですよ(笑)。

──それをまたなんで特集に?

エストニアに行ったんですよ。この5月に。

──ほお。何しに?

旅行です(笑)。ってのは、半分冗談、半分本当なんですが、今年から『WIRED』日本版で、旅行ツアーの企画「WIRED REAL WORLD」ってのを始めまして、その第1回の行き先がエストニアだったんです。「エストニア・ラディカル・イノヴェイションツアー」と題しまして、ヨーロッパきってのデジタル先進国であるエストニアに参加者の方々と一緒に行って、スタートアップやらテックカンファレンスやらを訪ねるという。ぼくからすると、取材しなくていい取材旅行みたいなもんで、非常に楽しかったんですが。

──で?

で、参加したカンファレンスにエストニア政府がやってる「e-resident」というプログラムに関するセッションがあったんですね。e-residentというのは世界中からヴァーチャル国民を募るという、相当にラディカルな行政プログラムで、ヴァーチャル国民になるとですね、エストニア国内で起業できたりといったメリットがあるんです。結構すごいんです。で、これに関するパネルセッションを見てたら、壇上で喋ってる人たちの5人のうち4人がブロックチェーンがらみの人たちだったんですよ。

──ほお。

そのなかには今回の特集に登場する人たちも出てたわけなんですが、これの何にインスパイアされたかっていうと、まず「ブロックチェーンはお金の話じゃないんだ!」ってことなんですよ。もちろん仮想通貨や金融にかかわる話とかはあってナスダックの人なんかも登壇してたんですけど、そもそものお題が「ヴァーチャル国家」というはるかにデカい話なので、そのなかで「ブロックチェーン」が話題になっているということに、ぼくとしては「ビビビっ」ときちゃったわけなんです。

WIRED_el_01

編集長が「ビビビっ」とブロックチェーン特集のインスピレーションを授かったエストニア最大のテックカンファレンス「Lattitude 59」の様子。PHOTOGRAPH BY YUKI SHINTANI

──ワクワクした、と。

ですです。フィンテックなんて小さい小さいってなもんです。これは金融はおろか、法や国家までにかかわるデカいテーマだぞ、と。その日はもうカンファレンスそっちのけで調べ物をして過ごしたんですが、調べていけばいくほど、ブロックチェーンってものの潜在的破壊力は相当なもんだってことが見えてきたわけです。

今回10ページを割いて紹介したStamperyって会社のルイス・アイヴァン・クエンデっていう20歳そこそこの天才エンジニアなんかは、ブロックチェーンは一種の革命をもたらすもので、自分のことを「クリプトアナキスト」と呼んでたりするんです。で、この技術・コンセプトは、これまでの社会編成というか、近代国家という概念すらも根幹から覆すかもしれないって本気で信じてて、めっちゃいいんですよ。

本誌だけでなく、10月19日に開催するカンファレンス「FUTURE DAYS」にも登壇してもらうことになっているジャック・デュ・ローズという人なんかも面白いです。アーティストのダミアン・ハーストの有名な作品で、ダイヤでつくった頭蓋骨があるんですが、デュ・ローズはその作品のダイヤのデザインをやった宝石デザイナーだったんです。ところが、いまはすっかりブロックチェーンに感化されて「会社のない未来」をつくり出す分散型のお仕事プラットフォームをブロックチェーンの技術をベースにつくろうとしてたりする。

つまり国家消滅! 会社消滅!みたいな話が本気で語られているんです。パンクだし、アナーキーなんですよ。これこそ『WIRED』でしょ、となったわけです。

実際、この間、マーク・アンドリーセンみたいなシリコンヴァレーの大物が、ブロックチェーンは「インターネット以来の衝撃」をもたらす、てなことを言ってきたわけですが、ここに至って、ぼくとしてはようやくそれも腑に落ちたんですよね。送金手数料みたいなテクニカルな話じゃないんですよ、ブロックチェーンって。

──じゃ、なんの話なんですか?

「来るべき分散型世界」の話、だと思います。

ブロックチェーンというアイデア・コンセプトのキモは、「分散型台帳(Distributed Ledger)」というものの発明にありまして、これは、ある特定の集団が、みんな同じひとつの「オープンな台帳」をインターネット上で共有していて、そのうえで、さまざまなものをやり取りができるというもので、しかも、そこでやり取りするモノは複製ができない「正統」なものであるということが担保されるってとこがポイントなんです。そのことによって、デジタル通貨、つまりビットコインのようなものを、ちゃんと流通させることが可能になったわけです。つまり、貨幣に限らず、さまざまな資産や価値といったものを、第三者機関──中央銀行のような──の信任・担保を経ずして、P2Pでもやり取りすることが可能になるということです。

──よくわかりません。

そうなんですよ。自分だってよくわかってないですから(苦笑)。

ま、技術的な説明はここではこれくらいで勘弁していただいて詳細は本誌に譲りたいと思うんですけど、大事なのは、そんなわけで、この特集内にはやたらと「分散」「P2P」「脱中央集権」という言葉が飛び交うことになるということなんです。

なんですが、これらのキーワードって別に新しいものでもなんでもなくて、なんのことはない、インターネットというものが、その発明当初から内包していた指向性・理念で、ブロックチェーンもしくは分散型台帳という技術・アイデア・コンセプトは、それをさらに大規模なスケールで飛躍的に拡張することになるというのが、ここに込められた期待・希望なんだと思うんです。

「ブロックチェーン」もしくは「分散型台帳」っていうものは、中央集権的に編成されてきたあらゆるものごとをディスラプトし、それを分散型のものとして編成し直し新しい世界像を提示する、非常に強力な「コンセプト」である、というのが今回の特集のスタンスで、だから、技術解説でも事例紹介でもなく、いろんな人が「ブロックチェーンに見る夢」を語るものとして特集をつくりたかったんです。

──壮大ですね。

そうなんですよ。特集内で慶応義塾大学SFC研究所の斉藤賢爾先生は、近代世界を根本でかたちづくってきた貨幣経済システムを転換させるほどのインパクトをもちうるものだと語っていますし、それがもたらしうる世界、未来の日常というのは、ちょっと想像を超えたものです。ブロックチェーンがもたらす「分散型日常」をスペキュラティヴに描いた記事もありますので読んでいただけたらと思うのですが、巻頭言を寄せてくれた、未来学者・ビジネスシンカーにしてブロックチェーンのエヴァンジェリストでもあるドン・タプスコットは、これがもたらすインパクトはAIやビッグデータの比ではない、とさえ言っています。

──しかし、にわかには信じがたい話です。そんなにガラリと世界って変わります?

んなわけないじゃないですか。何百年と続いた社会構成が一夜で変わるわけはないですよ、そりゃ。だから、それはまずは「コンセプト」として理解されなきゃならないってことを、声を大にして言いたいわけなんですね。

それは現状、「コンセプト」もっというと「理念」に近いものであって、当然、実装レヴェルにおいては、現実的な困難やハードルは山ほどあるわけですよ。でも、このコンセプトは、世界をまったく違った目で捉えることを可能にしてくれるし、現状のシステムやパラダイムのオルタナティヴを提示し、そこに新しい「夢」を見ることを可能にもしてくれます。そのことが、まだまだ発展途上にあるこのテクノロジーがいまぼくらに与えてくれるいちばん大きな恩恵なんだと思うんです。

もちろん、だからこそ、いまある現状の社会構成のなかにそれを埋め込みトライ&エラーを繰り返すことは何よりも重要で、極めて現実的なところから夢への一歩を歩こうとしているスタートアップたちは素晴らしいんです。

ところが、それが体現している理念やコンセプトを見ずに、新しいテクノロジーだからといって我先にと飛びついて、ひたすらそこに「利便」や「利益」だけを追い求めていくというような態度でいると、そこから先、何も生み出せないし、イノヴェイションとかいいながら結局先細っていくだけなんですよね。

──日本企業にありがちなヤツですね。

ですです、本当に。ケヴィン・ケリーの言葉じゃないですけど、「What technology wants」ということなんですよ。テクノロジーに内在化された「指向性=欲望」を見極めるということで、それに従えばブロックチェーンは、P2P・分散・脱中央な世界を、明らかに求めているわけです。で、それを用いて、ぼくらは、どうこの世界をつくり変えたいのか、ということなんです。

ITテクノロジーがもっている指向性に従って物事をラディカルに進めていくと、実際、エストニアみたいに、国家ってものをどんどんヴァーチャル化していくことになっちゃうんです。必然的な帰結として。で、エストニアは、それをよしとしてるんだと思うんです。

以前、e-residentを主導したエストニア政府のCTOと話したことがあるんですけど、「e-residentみたいなことをどんどん進めていっちゃうと国家ってどうなるんですか?」って聞いたら「わからん」って(笑)。で、「ぼくらがやってることがIS(Islamic State)と何が違うのかって聞かれたら、答えようがないかもしれない」とか言うんですよ。これって、ちょっとすごくないですか?

──ISとブロックチェーン、ですか。

いや、まあ、そんなデリケートな話題にこんなとこでは踏み込みたくはないんですけど(苦笑)、ただ、長らく続いた近現代社会のあり方と逆行するようなヴェクトルが、インターネット以降のテクノロジーには確かにあって、ブロックチェーンが実現しうる分散型の社会というものが向かう先は、近代以前の「中世」を指向するだろうという指摘はあるんです。

90年代に出た本で『新しい「中世」』というのがありましたけれど、来るべき分散型世界は、まさに「新しい中世」なのかもしれないですし、ISの話でいうと、彼らがサイクス=ピコ協定以前のアラブ的世界、つまり西洋近代以前の世界を指向しているというのが本当なら、それは単なる反動ではなく、時代の流れと符合するものなのかもしれないと思ったりもするんですけどね。

──そんな話も出てくるんですか、特集には?

ISの話はないですけど、エストニアを主題に「EUの存続に新しい活路をもたらすかもしれない超国家的自律分散型統治システムとしてのブロックチェーンの可能性」について池田純一さんが書いてくださっています。で、「新しい中世」とのからみでいいますと、ここで「ハンザ同盟」っていうキーワードが話題に上ってきていまして、これは、いま改めて考え直してみる価値のあるテーマかもしれないと思っています。

──歴史の教科書以来ですね、その言葉。

でしょ? いま編集部挙げて、これは勉強しとかなきゃと本を読み始めています。で、ある知人にこの話をしたら、中世つながりでルカ・パチョーリという数学者のことを教えてくれたんです。この人は「複式簿記」という資本主義のハードコアを成す重要な仕組みを発明した人なんですが、これもちょっと重要かも、と思い始めています。

「分散型台帳」というように、そもそも特集の核心に「台帳」というものがあるので、そこを見ていくうえで「会計」「簿記」にかかわる仕組みはもしかすると避けては通れないテーマかも、と思っていたらMITメディアラボ所長の伊藤穰一さんがそのへんについてブログで詳細に論じておられて、これが膝を打つほどに面白い内容なんです。というわけで、この特集をつくり終えたいま、個人的には「ハンザ同盟」と「複式簿記」というキーワードがにわかに浮上してきていてアツい(笑)。

──わけわかんないです。

いやほんとに、われながら(苦笑)。

──ほかに見どころ、読みどころがあれば。

経済学者の岩井克人先生に、ビットコインの話に寄せて「貨幣とは何か」というお話をしていただいています。これはもちろん「お金ってなんなんだ?」という話としても実に面白いのですが、個人的には「情報の価値はどう生まれるのか?」という議論にも敷衍できそうなお話に思えて、そこにもとても感化されました。とても面白いです。

あと、ビットコインが使用されていたことで知られる闇ドラッグサイト「Silk Road」の首謀者の逮捕劇を綴った5万字のロングストーリーを掲載してますが、これもビットコイン云々は抜きにして、相当面白い。映画『アルゴ』は『WIRED』US版に掲載された記事をもとにつくられた実話ベースの作品でしたが、この記事は、その記事を書いた同じ筆者によるもので、これはもう映画化決定でしょ、というくらい読み応えのあるクライムサスペンスになっています。

加えて、特集巻頭の西島大介さんの書き下ろしブロックチェーン漫画も必見です。おそらく世界で初めて正面からブロックチェーンを扱った漫画だと思いますんで(笑)。しかも恋愛モノ(笑)。

──本当にわけわかんないですね。

いや、ですからね、このわけのわかんなさは、もちろん、ぼくらの頭の悪さに起因するところももちろんあるんですが、実際のところ、ブロックチェーンがもたらしうるものごとや世界そのものがわけわかんないんですよ。国家が終わる、貨幣経済が終わるって、想像しようと思ったってなかなかできないですよ。でも、 それを想像してもいい、あるいはしなきゃいけない、という局面に、おそらくいまの世界は来てるということなわけで、これまでのあらゆる「当たり前」がひっくり返ってる話なわけですから、そもそも「わけのわかる話」になるはずもないんですよ。

──売れます?

知りませんよ。でも、今回は、実際つくるのが楽しくも困難な特集だったんですよ。そもそもブロックチェーンという言葉の定義も曖昧だし、それが何を明示してるかも定かではないうえ、技術的な面を理解するのも一苦労で。すべてがまだ「可能性」の段階なので、なかなか明確なことは言えないし。

でも、逆にいうと、インターネットが出てきたときの「これで世の中が変わるんだ!」っていう興奮って、もしかするとこんな感じだったのかなと思ったりもしまして、なんというか、『WIRED』がサンフランシスコで立ち上がったときに編集部の人たちが感じていたであろう、曖昧で不確かだけれども確信をもって語りたくなるような未来の感触、みたいなものを味わったような気持ちにはなりましたね。そういうものとして読んでもらえると嬉しいんですけど。

──で、売れます?

ですから、知りませんってば。

W_editorsletter_25

INFORMATION

VOL.25「ブロックチェーン」特集:10/11発売

10月11日発売の『WIRED』VOL.25は、「ブロックチェーン」特集。未来学者ドン・タプスコットによるメッセージから、スペインのアナキストであるルイス・アイヴァン・クエンデの肖像、岩井克人のビットコイン論、斉藤賢爾が語る5つの可能性、そして漫画家・西島大介による世界初(?)のブロックチェーン漫画まで、インターネット登場以来の、もしくはそれ以上の衝撃とも囁かれるブロックチェーンの未知なるポテンシャルを読み解く。さらに米国サイバー犯罪史上最も大がかりな捜査の果てに、ビットコインの存在を世に知らしめた闇サイト「Silk Road」事件の全貌を綴ったルポルタージュを20ページにわたって掲載する。そのほか、米大統領選を目前にして考える「新しい民意」、新しい本のエコシステムを構想する内沼晋太郎とバリューブックスの挑戦を追ったストーリーを掲載。特集の詳細はこちらから。

INFORMATION

10/19開催! オルタナティヴな未来を考える1dayカンファレンス「FUTURE DAYS」

ビジネス+カルチャー+テックのオルタナティヴな未来を夢想・構想する越境型カンファレンス、WIRED CONFERENCE 2016「Future Days」は10/19開催! 人工知能、ブロックチェーン、IoT…。新たなテクノロジーがもたらす可能性を語り、いまとは決定的に異なった「未来の日々=Future Days」を夢見る1日。