写真提供:マイナビニュース

写真拡大

freeeは10月10日、個人事業主がクラウド上でで開業手続きを行えるサービス「開業 freee」をリリースしたと発表した。利用価格は無料。

開業 freeeでは、「開業・廃業等届出書」「青色申告承認申請書(青色申告を行う場合)」「青色事業専従者給与に関する届出書(家族に給与を支払うか、家族への給与を経費にする場合)」「給与支払事務所等の開設届出(給与を支払う場合)」「源泉所得税に納期の特例の承認に関する申請書(給与を支払う場合)」の5つの書類を作成できる。

事業の開業に必要な書類の作成は、開業 freee上に表示される必要事項を入力するだけで行える。また、一度入力した情報はすべての書類に反映されるので、同じ内容を何度も書き込む手間を省けるという。

事業の想定月収を入力して確定申告方式別の見込み納税額をシミュレーションし、どの申告方式を選択するか検討できるほか、近辺の提出先税務署をマップ上に表示したり、提出時のチェックリストを設けたりするなど、書類の作成に留まらず開業を実現するためのステップを細やかにサポートする。

また、開業時には、プライベート用の銀行口座とは別に事業用の銀行口座を開設することで、事業の資金管理が容易になるという。ジャパンネット銀行との提携により、開業 freeeのサービス上から同行の個人事業用口座開設の申込みを行える。その際申し込みに必要な情報は開業freeeから入力されるため、改めて会社情報を入力する手間なく、申し込みが完了する。

これらの機能は、モバイルブラウザ上でも利用できるため、いつでもどこでもすぐに開業手続きが完了するとしている。

(山本明日美)