イラストレーターのわたし「岩沢」と、理系の会社員「オット」は、およそ1年前に保護犬だった「ふうちゃん」と暮らし始めました。柴犬系の雑種犬・ふうちゃんと、わたしたちとの日常をマンガでご紹介します。おさんぽ大好きなふうちゃんですが、ときにはこんな(ふうちゃんにとって)だましうちコースを行くときも…。


「おさんぽ!?」。なにやら気配を感じた、ふうちゃんの全開の笑顔。だまされる(?)とも知らず…。

⇒【マンガ】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=27103


オットを見ると逆走するふうちゃん

 ふうちゃんのおさんぽがてら、会社帰りのオットを駅まで迎えに行くことがあります。

 おさんぽが大好きなふうちゃんはごきげん。でも、駅が近づいてきて、遠くにオットの姿が見えると、なんだか落ち着きがなくなって、興奮しだします。マンガのとおり、逃げようとすることも…。

 保護犬だったふうちゃんは、過去になにかあったのかもしれませんが、なぜか男の人が苦手。ふうちゃんがわが家で暮らし始めて1年半以上経ちますが、このように、まだオットに慣れていません。

 オットはもう、なついてもらうことを半分あきらめているように見えますが、わたしはまだまだ希望を捨てていません。オットが帰ってきたときに、ふうちゃんが喜んでかけよってくれる日がいつか来たらいいなあ、と思っています。

⇒【写真】おさんぽではしゃぎすぎて「ねじねじ」に http://esse-online.jp/?attachment_id=27106


 おさんぽではりきるふうちゃん。万が一、首輪が抜けたり、リードを取り落としたりしたときのために、首輪もリードも2つずつつけていますが、あっちこっち動き回るのでダブルリードがねじねじに。

【岩沢さん】
イラストレーター。1983年生まれ。千葉県出身、東京在住。理系の会社員『オット』と雑種犬『ふうちゃん』と暮らす。ホームページ「iwasawa web」での作品の発表のほか、絵本、自主制作のミニコミなども手がける