さくらももこが郡上八幡キャラを“頼まれてもいないのに勝手に”考案

写真拡大

 『ちびまるこちゃん』の作者である漫画家のさくらももこさんが、岐阜県郡上八幡の町に魅了され、勝手にキャラクターをつくった上、YouTubeとニコニコ動画でそのキャラクターを主人公とした新作アニメを公開しています。

【関連:○○民ならできること―岐阜県の郡上八幡民は100%「郡上踊り」10曲を踊れる】

GJ8マン(じーじぇーえいとまん)MVより。
GJ8マン(じーじぇーえいとまん)MVより_2

 アニメの題名ともなっている『GJ8マン(じーじぇーえいとまん)』はどこか往年のヒーローを彷彿とさせるネーミングで、公開されている第1話は「GJ8マンにオレはなる!!」。

 水の精により「郡上八幡のいい水を使って悪を懲らしめる」ため必要なときにGJ8マンに変身する能力を授けられた城ゴロ−の様子が約4分の動画で描かれています。今回キャラクターを考案した理由をさくらさんはGJ8マンの公式サイトで「郡上八幡を愛し、頼まれてもいないのに勝手にキャラまで考えてみた。」と説明。水があまりに綺麗で愛してやまない場所なのだとか。好きが高じて今回こういう結果になったそうです。

 さらに『グランドジャンプ』(集英社)の21号ではGJ8マンの特集ページを展開し表紙にも登場しています。また「GJ8マン」のミュージックビデオも同時に公開されおり、思わず口ずさみたくなるヒーローソングとなっていますよ。

▼出典
さくらももこオフィシャルブログ
GJ8マン公式サイト

(文:大路実歩子)