ロバート・ゼメキス

写真拡大

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』三部作や『フォレスト・ガンプ/一期一会』、最近では『ザ・ウォーク』などを手掛けたことで知られるロバート・ゼメキス監督。その彼が、米ヒストリー・チャンネルで、UFO(未確認飛行物体)を題材とするTVドラマの企画を進めていることが分かった。

米Deadlineが報じたところによると、同企画は『Blue Book(原題)』と題され、1947年から1970年にかけて米空軍が行った、UFO現象の調査記録を題材にしている。新人脚本家のデヴィッド・オレアリーによる脚本をもとに、ゼメキスとジャック・ラプケ(『ザ・ウォーク』)が製作総指揮を担当する。

ゼメキスは1997年に、エイリアンとの接触を描いたジョディ・フォスター主演映画『コンタクト』を監督したことがある。今度はUFOの調査記録という題材をどのように料理するのか、企画の進展を見守りたい。(海外ドラマNAVI)