世界有数のバリアフリー推進国、日本にできること

写真拡大

バリアフリー対応のコンサルティングを行う「ミライロ」。自らも車椅子で営業に回る垣内社長のモットー「障害を価値に変える」の意味とは?

日本の障害者数は約800万人。高齢者も含めると、4000万人にものぼる人々が「バリアフリー」を必要としている。世界有数のバリアフリー推進国である日本だが、健常者が想像で作った結果として使いにくくなってしまうなど、すべてが障害者目線でできているわけではないという。

バリアフリー対応をする施設や店舗などに、コンサルティングを行い、またその情報を発信する事業を行っている企業が「ミライロ」である。ミライロ社長の垣内俊哉氏は、骨形成不全症という病気を抱えており、幼いころから車椅子生活を送ってきた。寝たきりの状態で大学受験をし、立命館大学在学中に起業。現在はミライロの経営を通して、障害を価値に変えるという理念「バリアバリュー」を世界中に広げていくことを目指している。

自らの障害をビジネスに変えて突き進む垣内社長。彼はなぜこんなに気力に満ちているのだろうか? 田原総一朗氏と垣内俊哉氏の対談、完全版を掲載します。

■障害に絶望し、3回の自殺未遂

【田原】垣内さんは生まれて間もなく、骨の病気を抱えていることがわかったそうですね。どのような病気ですか。

【垣内】骨形成不全症という病気です。人の骨を丈夫にするI型コラーゲンの異常などで、骨が非常にもろいのです。ようやく歩けるようになったのは3歳のころですが、運動会やマラソン大会の前には決まって骨折していました。今日まで骨折の回数は20回。人生の5分の1は病室で過ごしてきたんじゃないでしょうか。

【田原】いま車椅子にお乗りですが、それはいつから?

【垣内】車椅子に乗り始めたのは幼稚園からですね。中学生のころには、ほとんど車椅子で生活していました。

【田原】障害があることについて、ご自分ではどのように受け止めていたんですか。

【垣内】中学生のころ、友達と掃除当番をさぼってホウキで野球をしていたら、友達はみんな叱られたのに、私だけ先生から「俊哉君は障害があるから掃除ができてなくても仕方がないわね」と言われたことがありました。先生に悪気はなかったでしょう。ただ、このとき初めて自分は弱者であることを認識させられました。自分はみんなと同じつもりでいたけど、障害者と健常者の間には壁があるんだなと。

【田原】壁を感じて、どうしたのですか。

【垣内】とにかくその壁を壊したくて、自分の障害を克服することに躍起になりました。高校は地元の岐阜の公立校に入りましたが、治療のために中退して大阪へ。残念ながら骨の状況は好転せず、自分の足で歩くことはかないませんでした。そのことがわかったとき、私は三度にわたって自分の命を絶とうとしました。最初は病棟の屋上から飛び降りようとしたのですが、立つこともできずに死ねなかった。いま振り返ると、本当に浅はかでしたね。

■死ねなければ、生きるしかない。大学在学中に起業

【田原】その心理状態から、よく立ち直りましたね。

【垣内】死ねなければ、生きるしかない。どうやって生きようかと考えに考えた結果、浮かんできたのが大学に行くことでした。自分が生きていくためには、歩けなくてもできることを探さなくてはいけません。そのためには知識や技術、経験が必要で、それらを身につけるためにまず大学に行こうと考えたのです。

【田原】中退しているから、大検ですか。

【垣内】はい。大検は合格して、立命館大学経営学部を受験しました。実は試験2週間前に車椅子で転倒して入院。寝たきりだったので、試験当日は滋賀にあるキャンパスまで民間の救急車で運んでもらって受験しました。無事に合格できたときはうれしかったですね。

【田原】垣内さんは大学在学中に起業しました。もともと起業は頭の中にあったのですか。

【垣内】最初に起業を考えたのは高校生のころです。当時は障害がある自分が嫌いでした。起業を考えたのも、コンプレックスを克服して自分を好きになろうという自分本位の考えからです。

【田原】大学に入ったら自分本位じゃなくなったんですか。

【垣内】裕福な家庭に育ったわけではないので、大学進学後はアルバイトする必要がありました。ただ、歩けないので可能な仕事は限られています。そんな中で私を採用してくれたのが、あるホームページ制作会社でした。そこで私は営業を担当して、2カ月後には営業成績が1番になりました。私は車椅子なので他の営業マンの半分ほどしか数を回れなかったのですが、車椅子だと目立つので、逆に先方に覚えてもらえたようです。このとき上司に言われたのが、「車椅子に乗っていることが営業の結果につながっているのだから、歩けないことに誇りを持て」。それまで歩けないことをマイナスとしてしかとらえていなかった私には、この考え方がとても衝撃的でした。そこから起業の目的も変わりました。自分のコンプレックス克服より、バリアバリュー、つまり障害には価値があるという考え方を日本中、世界中に広げていくために起業しようという思いが強くなったのです。

【田原】そうですか。起業するにあたって、まずどこから手をつけたのですか。

【垣内】お金がなかったので、まずビジネスのアイデアだけは練っておこうと思って、友人と2人でさまざまなコンテストに応募しました。銀行や新聞社が主催するビジネスプランのコンテストです。いろいろ応募しているうちに、13のコンテストで賞をいただき、賞金も300万円近く貯まりました。それを元手に起業しました。

【田原】ほお。賞を獲ったのは、どんなプランでしたか。

【垣内】ある新聞社さんのコンテストで評価していただいたのは、大学のバリアフリーの地図をつくる事業です。私もその1人でしたが、いまは昔と違って障害のある子どもたちが普通に小学校、中学校、高校に行き、大学進学を考える時代になりました。ただ、大学の受け入れ態勢が整っているとは言い難い。このままでは進学者数が増えないおそれがあるという観点から、大学のバリアフリーのマップをつくるサービスを考えました。

【田原】賞をもらって、大学2年生のときに株式会社ミライロをつくった。ミライロってどんな意味ですか?

【垣内】ミライロの意味は2つあります。まず、「未来への色」。そして「未来への路」でミライロです。障害のある方やそのご家族は、自分たちで決めた道を進むことが難しく、つい将来を悲観しがちになります。そうではない、誰だっていろんな色を描いたり、いろんな道を歩んでいけるんだという思いを込めて、この社名にしました。

■日本のバリアフリーはここが間違っている

【田原】ミライロの事業内容を教えてください。

【垣内】弊社の事業は大きく3つに分かれます。1つは、ハード、環境、施設、設備に対するバリアフリーのご提案です。店舗を新しくつくったり改修するときに、こうすると障害のある方やそのご家族が来店しやすくなりますよ、というご提案をします。

【田原】日本はバリアフリーが進んでないのですか。

【垣内】いや、じつは日本は世界的に見てもっとも進んでいるんです。アメリカでエレベーターがついている駅の割合は約50%ですが、日本はすでに80%を超えています。歩道や車道は舗装されていて、車椅子に乗っていようと杖をついていようと外出できる。小さな島国でありながら、これだけ着実に進めてきた国はありません。ただ、その一方で、エレベーターの設置率が8割に留まっている現状もありまして。

【田原】どういうことですか。

【垣内】そこまでやらなくていいだろうというところにお金をかけすぎて、他の必要なところに行きわたっていないのです。たとえば既存の法律でいうと、客室の総数が50以上の宿泊施設はバリアフリーの客室を1室つくらなくてはいけません。それはいいのですが、企業さんは頑張ってしまって、こんなに広くなくていいよというくらいの大きな部屋を用意して、手すりも全面にはりめぐらせている。利用者からすると、まるで病室みたいで使いたくないんですよね。その結果、稼働率が下がって、事実上、倉庫として使われているという話も聞きます。こうしたお金の使い方は本当にもったいない。

【田原】なるほど。健常者が想像で設計するから、バランスが悪いんだ。

【垣内】そこで私たちがコンサルティングをすることで、環境面を使いやすいものにすると同時に、コスト削減に役立てていただければなと。

■ハードではなく、ハートを変える

【田原】2つ目は何ですか。

【垣内】たとえば入り口に階段のある飲食店があったとします。本当はスロープやエレベーターがあったほうがいい。でも店が小さかったり建物が古かったりすると、バリアフリー化がままならないケースもあります。そのようにハードが変えられない場合も、ハート、つまり意識のほうは変えられるはずです。そこでマナー検定などを通して、従業員の方に車椅子に乗っている方や、高齢者の方々への接客方法などをお伝えする教育事業を展開しています。

【田原】事業はもう1つありますね。

【垣内】情報発信のコンサルティングです。すでにバリアフリー化しているのに、それが伝わっていなければ集客に結びつきません。そこでビジネスプランコンテストで提案したように、バリアフリーのマップをつくるなどして情報を発信していく。これが3つ目になります。

【田原】これらの事業を展開するには、まず企業から注文がないといけません。営業は誰がやるんですか。

【垣内】私と一緒に創業した民野(剛郎副社長)の2人で手分けして飛び込み営業です。クライアントはレジャー施設やホテル、結婚式場、飲食店、商業施設と多岐にわたりますが、創業当時はそれらの施設に延べ1000軒、訪問したんじゃないでしょうか。

【田原】みなさん反応はどうでした?

【垣内】すぐに受注にいたるほど簡単ではなかったですが、話を聞いてくれない人はほとんどいなかったです。みなさん、バリアフリーないしは高齢者対応をいつかやらなければいけないと内心では考えていたようで。

【田原】ただ、話は聞いてくれるだけでは仕事にならない。

【垣内】そうですね。なので、1年目は売り上げ120万円しかありませんでした。初仕事は、滋賀県立大学への後者全体を調査する仕事でしたが、今では考えられないくらい金額でした(笑)。それでも発受注でうれしかったのを覚えています。

■東日本大震災後、被災地に車椅子を送るボランティア

【田原】でも、その売り上げじゃやっていけないでしょう。2年目以降はどうだったんですか。

【垣内】2009年に創業して、2期目は1400万円、3期目が2000万円。しばらくそのレベルでしたが、6期目に2億3000万円とグッと伸びました。11年でした。

【田原】伸びたきっかけは何だったのですか。

【垣内】東日本大震災です。震災があったとき、事業とは関係なく、被災地に車椅子を送る「ハートチェアプロジェクト」をはじめました。震災で車椅子が流された、壊れたという情報が伝わってきたので、地震の翌日には車椅子メーカーに電話をして協力を仰ぎました。ありがたいことに、兵庫県明石市のメーカーさんが協力してくださることになり、最終的には304台の車椅子を被災地に届けました。完全にボランティアだったので売り上げには直接関係なかったのですが、このプロジェクトをきっかけに私たちのことを知ってくださった方が多く、お客様が広がっていきました。

■5分間の心肺停止でわかったこと

【田原】具体的には、どんなお客さんが増えたのですか。

【垣内】もともと大学などの教育機関での仕事が多かったのですが、震災以降は一般企業とのつながりが増えました。一番大きかったのは、レジャー施設ですね。名前は出せないのですが、あるテーマパークでアトラクションのバリアフリー化や従業員研修をやらせていただきました。たとえばアトラクションに乗りやすいかどうかとか、地震が起きてアトラクションが止まったときにきちんと誘導できるかどうかといった内容です。そこからホテルや結婚式場にも評判が広がって、最近はお墓のバリアフリー化もお手伝いしています。

【田原】お墓? 建物のバリアフリーはわかるけど、墓地も問題ありですか。

【垣内】まず通路幅が狭いです。それから水を汲む場所も遠いし、そもそも山奥にあって行きづらい。先立たれたご主人のお墓参りに行きたいが、足が悪くていけないという方が多く、このコンサルティングはけっこう引き合いがありました。

【田原】お客が増えると、コンサルティテングができる人も増やさないといけませんね。垣内さんおひとりじゃ対応できないでしょう。

【垣内】そうですね。じつは私、13年に骨の手術を受けた後、心肺停止になったんです。手術は無事に終わったのですが、合併症で肺水腫になり、心臓が5分間停止。その後も意識が戻らず、2日間、昏睡が続きました。心肺停止5分間だと、蘇生率は25%。蘇生しても9割は後遺症が残ると言われています。元の状態に戻れるのは25%×10%で、2.5%。本当にありがたいことに、私はリハビリがうまくいって何とか復帰できました。しかし、このときの経験から、自分がずっと前線で走り続けられる保証はないことを思い知りました。障害に価値があるということを世の中に伝え続けるには、人を育てなければいけません。いまそれに取り組んでいます。

■障害者スタッフのバックボーンがさまざまだからこそできる提案がある

【田原】いまミライロの従業員は何人いらっしゃるんですか。

【垣内】35人です。総務や経理の者を除けば、全員がバリアフリーのコンサルティングができます。

【田原】コンサルタントは健常者? 障害のある人?

【垣内】全体の3割が障害のあるスタッフで、7割が健常者です。なかには全盲のスタッフもいれば、まったく耳が聞こえないスタッフもいます。たとえば全盲のスタッフは、見えている私には気づかないことに気づくかもしれないし、耳の聞こえないスタッフも私にはわからないことを指摘してくれるかもしれない。そうやってさまざまなバックボーンを持ったスタッフがそれぞれの経験や感性を活かすことで、よりよいご提案ができると考えています。

【田原】そうか、障害にもいろんな形があるからね。たとえば全盲の人向けのバリアフリーは、どんなことをやるんですか。

【垣内】人間は情報を知覚するとき、8割は視覚から得ているといいます。その8割が得られなければ、極端な情報不足です。そこで点字ブロックや音声案内で不足を補います。それが視覚障害に対するバリアフリーになります。

【田原】人を採用するときの基準はありますか。

【垣内】ありがたいことに、いま月50〜60人の応募があって、採用は厳選させてもらっている状況です。条件としては、まず、しっかりと儲けたい、稼ぎたいと思っていること。ミライロはきれいなイメージが先行していますが、社会貢献ブームに乗っているだけでは継続性がなく、いずれ食べていけなくなります。社会に必要なことだからこそ、しっかり稼いで続けてかなければいけません。そこをはき違えて、ただ社会貢献をしたいというだけの人は来てほしくないですね。

【田原】具体的には、どういうところから来られる方が多いですか。

【垣内】新卒もいれば、転職組もいます。転職組は証券からITまで、さまざまな業界から来ています。人材は多様ですが、ほとんどのスタッフが自身に障害があったり、家族や友達に障害のある人や高齢者がいて、バリアフリーに対して人ごとでない思いを持っています。そこは共通しているかもしれません。

■障害者に優しい製品はあらゆる人に優しい

【田原】1つ気になるのは市場規模です。バリアフリーは社会的に意義があるけど、市場としてはニッチじゃないですか。

【垣内】国内には、およそ800万人の障害者がいます。これは全体の6%です。これだけだと小さく見えますが、たとえばレジャー施設だと、障害を持った人が1人で来園するのではなく、ご家族やご友人と平均3〜4人でいらっしゃる。これはけっして小さな数字ではない。それと、私たちはバリアフリーだけでなく、ユニバーサルデザインのご提案もしています。こちらはすべての人が対象になります。

【田原】ユニバーサルテザインって何ですか。

【垣内】バリアフリーは障害者にとっての障害を取り除くという意味で、最近はようやく高齢者まで対象が広がってきました。ただ、バリアフリーは和製英語。海外ではユーザビリティとかアクセシビリティといって、とくに障害者に限定していません。すべての人、つまり国籍、性別、年齢、障害の有無を問わず、あらゆる人にとって使いやすい建物や製品がいいものだとされています。その考え方をユニバーサルデザインといい、1990年ごろから日本にも入ってきました。

【田原】抽象的にはわかりますが、具体的にはバリアフリーとどう違うの?

【垣内】たとえば段差があったとき、バリアフローならスロープをつけようという発想になります。車椅子の方は便利だからです。ただ、高齢者からすると、スロープは転倒リスクが高く、必ずしもいいとはいえない。むしろ段差があってもいいから手すりがあったほうが安全で移動しやすいのです。このように広い視点で考えるのがユニバーサルデザインです。

【田原】先ほど、ユニバーサルデザインの建物や製品とおっしゃった。ミライロは、製品のコンサルティングもやるんですか。

【垣内】はい。人は高齢になると、目も耳も足腰も弱っていきます。ですから、高齢者のニーズは、さまざまな障害者のニーズを合わせたものといっていい。ところが多くの企業は障害者のニーズがわかっていないので、結果的に高齢者のニーズにも合致しない製品になってしまう。そこを私たちがお手伝いできればと。

【田原】具体的にどんな製品に関わっているのですか。

【垣内】名前を出せるところで言うと、寝具の西川産業さんと、クッションを開発しました。トラックの運転手やデスクワークの方など、世の中には長時間座り続ける仕事がいろいろありますが、おそらくもっとも長く座り続けているのは車椅子ユーザーです。そこで、西川産業さんが開発した血流が悪くならないクッションを私たちがテストして、結果をフィードバックしました。名前は出せませんが、このような形で進行している商品開発企画がほかにもいろいろあります。

【田原】国内でもやれることはたくさんありそうですが、海外はどうですか。そのうち進出するのですか。

【垣内】はい。すでに海外からご用命いただく機会も増えていて、今年はタイ、ミャンマー、フランスと続いて、ブララジルやエクアドルにも行く予定です。先ほど言ったように、日本は超高齢化社会で、バリアフリー先進国。海外は日本よりバリアフリーが進んでいない国が多いので、法律やルールづくりから、日本で培ったものを提供できると考えています。

【田原】今日はお話を聞いていて、垣内さんの気力をものすごく感じました。どうしてそんなに元気があるのですか。

【垣内】きっと時間や能力が限られているからでしょうね。残念ながら私は歩けません。ただ、歩けなくても話すことはできるし、聞くことも見ることもできる。自分に残された能力の中でできることがあれば、全力でそれをやりたい。歩けなかった病室での悔しい思いがギュッと凝縮されて、いま前に進むパワーになっているのかなと思います。

■垣内さんから田原さんへの質問

Q. 東京パラリンピックを成功させたい!

【田原】前回、1964年の東京オリンピックは、目的がはっきりしていました。日本は東京五輪と同じ年にOECDに加盟した。つまり日本の高度成長を世界に知らしめるためにオリンピックをやったのです。ところが、今回はテーマがよくわからない。本当は東京都知事が責任者として、目的を示すべきです。しかし、任期途中の退任が続いて責任の所在があいまいになり、みんな好き勝手なことを言ってバラバラになっている。

垣内さんがおっしゃるように、日本は高齢化先進国。世界から多くの人がやってきますから、バリアフリーを含め、高齢化問題に取り組んでいる日本の姿を見せるのもいいでしょう。いずれにしても、誰かがリーダーシップを持って何か示すべきです。

田原総一朗の遺言:責任なきところに成功なし!

----------

編集部より:
次回「田原総一朗・次代への遺言」は、Sansan社長・寺田親弘氏インタビューを掲載します。一足先に読みたい方は、10月11日発売の『PRESIDENT10.31号』をごらんください。PRESIDENTは全国の書店、コンビニなどで購入できます。
 

----------

(村上 敬=構成 宇佐美雅浩=撮影)