写真提供:マイナビニュース

写真拡大

松井優征原作・週刊少年ジャンプで連載していた大人気漫画『暗殺教室』を映画化した『暗殺教室』『暗殺教室〜卒業編〜』が、2作合計の興行収入60億円超えの大ヒット。<卒業編>のBlu-ray&DVDが12日に発売となる。学園の落ちこぼれクラスに担任として現れた、地球破壊を予告した謎の超生物「殺せんせー」の暗殺を命じられた生徒たちが成長していく姿を描く。

映画の取材と言えば、公開前が主になるが、実はネタバレへの配慮などでしゃべれないことも多い。今回は映像ソフト発売に合わせ、重大なネタバレは控えつつも、羽住英一郎監督に今だから話せる裏話や、プロジェクト全体の振り返りを伺っていく。

○原作者と通じ合ったプロジェクト

――映画『暗殺教室』『暗殺教室〜卒業編〜』大ヒットでしたが、どんなところが良かったと思いますか?

原作の連載の終了と、シンクロさせて終わらせるというプロジェクトが、成功したのかなと思います。<卒業編>の撮影的には、撮影から公開まで時間がなかったので辛かったのですが、そこは公開を春休みにこだわって、間に合わせました。プロジェクトとしての狙いが、うまくいきましたね。

――<卒業編>は、メディア向けの試写もなかったですよね。

公開の前の週に完成したので、ギリギリだったんですよ、本当に(笑)。それも2作目だから「試写なしでもいける」という判断になったという事情もありますし、元々、原作のネタバレになってしまうので、試写自体が難しかったという事情もあります。

――一緒に終わらせるというアイディアはどこから出てきたのでしょうか。

原作の松井先生から言っていただけました。映画1作目のときに、当然話の途中までしか描けなかったので「卒業するところまでやりたい」という思いはありまして。ヒットしたら、<卒業編>を、とは思っていました。

――原作者さんとかなり密なやり取りがあったのは驚きですね。ラストの構想はいつごろから聞いていたんですか?

1作目を撮る前からですね。そもそも映画にする前に、原作の着地点を聞いておかないと、と思っていたので、伺えて安心したというか。松井先生に「地球を滅亡させて終わりです」と言われたら映画化も難しかったかもしれないですし(笑)。

○等身大の役も撮ってみたい

――潮田渚役で主演の、Hey! Say! JUMP山田涼介さんも、前作からさらに”渚”っぽくなっていると思ったのですが、監督から見ていかがでしたか?

1作目の時からもう座長として頑張って、カメラの前で芝居するのも初めてというようなE組の生徒にも緊張させないように、山田くんの方から話しかけたりして、この映画を成功させるためにすごく意識してくれていたと思います。2作目になってみんなも慣れてきた部分があって、E組としての一体感がより出てきたので、山田くんを筆頭に全体が成長したのかなと思いました。

実は、山田くんはすごくオーラを消せるんですよね。映画の中では「目立たない」という設定なので、Hey! Say! JUMPのセンターにいるアイドルというのを感じさせない。

――山田さんは、『金田一少年の事件簿』『鋼の錬金術師』など少年漫画的なキャラクターのイメージも強いですが、意外ですね。

彼に来る主役は特殊能力を持った役が多いんですけど、今回渚を撮っていて、逆にそうでない役もやらせてみたいなと思いました。等身大の若者の話をやらせてみても、面白いのかもしれないですね。

山田くんにもその話をしましたよ。「そういう役やったらいいんじゃないの?」みたいな。まあちょっと、そういう役をやるには顔が綺麗すぎますが(笑)。なかなか、現実離れした美形なので。

――中学生役というのも驚きでした。

少し心配していたのですが、衣装合わせで学生服着た瞬間に「いけるな!」と思いました。山田くん本人も「まだまだ、あと10年くらいは学生服着れます」って(笑)。先輩の二宮(和也)くんもドラマ『坊っちゃん』(2016年1月放送)で学生服を着ていましたしね。

※第2回は10月12日更新の予定です。

映画『暗殺教室〜卒業編〜』(Blu-ray&DVD発売中)
■Blu-ray スペシャル・エディション(4枚組) ¥7,800+税
■DVD スペシャル・エディション(4枚組) ¥6,900+税
※Blu-ray&DVDスタンダード・エディション同時発売、10月5日よりBlu-ray&DVDレンタル開始

(C)2016 フジテレビジョン 集英社 ジェイ・ストーム 東宝 ROBOT (C)松井優征/集英社
発売元:フジテレビジョン 販売元:東宝

(佐々木なつみ)