ようこそ、日本のはじまりへ 重文ライトアップに饗膳の楽しみ

写真拡大 (全2枚)

 今年は、神武天皇2600年という節目の年なのだそうだ。奈良県の橿原(かしはら)神宮で、これを祝って、これまで一般に公開されていなかった夜間の社殿を公開、正式参拝を行う催事を実施する。

 内拝殿(ないはいでん)での夜間正式参拝の後、巫女神楽舞(かぐらまい)の鑑賞、釣燈篭の灯る社殿の鑑賞、織田家ゆかりの「重要文化財 表向御殿(おもてむかいごてん)」文華殿(ぶんかでん)での庭園ライトアップと、さらに饗膳(きょうぜん)を楽しむことができる。これは、神武東遷(じんむとうせん)ゆかりの食材を使った食事。完全予約制で各日50人限定だ。

【期間】
10月21日(金)、29日(土)、11月4日(金)、5日(土)、11日(金)、12日(土)、25日(金)
【初穂料】
10,000円(お食事代を含む)
【予約先】
0744-22-3271(受付時間 9:00〜16:00/文華殿 饗膳係まで)