2016年も残り数か月。クリスマスや年越しなど、自宅でパーティーを開く機会が増える季節! おいしい食事にお酒に……食後には甘いスイーツも欠かせません! 「できることなら、カロリー控えめでおいしいスイーツが食べたい」これが女性の本音ですよね。
そこで今回ご紹介するのは、生クリームよりもヘルシーなうえ、美容効果まで期待できるホイップクリーム! さて、一体なにを使って作ると思いますか?

ココナッツミルクで作る濃厚ホイップクリーム

そう、使用するのはココナッツミルク! 話題のココナッツオイルよりも使い勝手がいいのでは? と思うほど、じつはとても万能。このホイップクリームはダイエット中の方だけでなく、乳製品にアレルギーがある方も安心して食べることができます。女性やお子さんにも優しいホイップクリームの作り方を、さっそくご紹介します!

材料

・ ココナッツミルク缶(低脂肪でないもの)
・ メープルシロップやはちみつ等の甘味料
・ バニラエッセンス

作り方

1: ココナッツミルク缶を冷蔵庫に入れておく(数時間から一晩)
2: 冷蔵庫からとり出して、上下を逆さにする
3: 缶をゆっくりと開け、上に溜まった液体部分は使用しないのでほかの容器に移す
4: 缶に残った固形のココナッツミルクを冷えたボウルに移す
5: 泡だて器でよく混ぜる
6: 甘味料、バニラエッセンスで味を調える

注意点

ココナッツミルク缶を購入するときには、原材料にグァーガムと呼ばれる成分が含まれていないものを選んでください。この成分が入っていると、クリームと液体に分離せず失敗してしまいます。

オイルより“ミルク”がおすすめの理由

ココナッツミルクには、むくみを改善するカリウム、アンチエイジング効果が期待できるビタミンE、貧血予防に欠かせない鉄分など、女性に嬉しい栄養がたっぷりと詰まっています。ココナッツオイルやミルクには、身体に蓄積されにくく、すばやくエネルギーに変える中鎖脂肪酸が含まれています。ココナッツミルクはオイルと比べて糖質が少なく、低カロリーなので、ダイエット中はココナッツミルクの方がおすすめなのです。

ココナッツミルクの活用方法

先ほどのホイップクリームを作ったときに別の容器に入れておいた液体。これは捨ててしまわず、スムージーやコーヒーに入れてココナッツのいい成分を余すところなくとり入れましょう。
また、ココナッツミルクは脂肪分が豊富なため保湿効果も期待できます。ヘアトリートメントや美容液として活用すれば、艶やかな髪やしっとりとした肌へと導いてくれます。乾燥が気になる季節にも活躍しそうですよね。

いかがでしたか? 筆者は今回、おからで作ったグルテンフリーマフィンの上にたっぷりと乗せました!
チョコレートフレーバーは、とりわけておいたココナッツホイップクリームにココアパウダーを混ぜるだけなので、ぜひこちらもお試しください!

ちなみに、チョコレートフレーバーのまわりにはブルーベリーを飾ってみました。ココナッツホイップクリームは、重たすぎないさわやかな味わいなので、フルーツとの相性も抜群ですよ!