まるで超人ハルク! 筋肉に「油を注入」しているボディビルダーの見た目がチョット恐い件

写真拡大

定期的にエクササイズをしたり体を鍛えることは、体型維持だけでなく健康にも良いので進んで行うべきだが、やり過ぎは禁物である。

なかには、体を鍛えることに取りつかれてしまい、ステロイド剤を多用して健康に異常をきたしてしまう人もいる。そんななか、筋肉に「油を注入」しているというボディビルダーが、ネットで注目を浴びているので紹介したい。その超人ハルクのような筋肉が、あまりにも人間離れしていて怖いぐらいなのである!!

・超人ハルクみたいなボディビルダーの体がスゴすぎる!!

ブラジルのサンパウロ出身で48歳のヴァルジール・セガトさんは、まるで、超人ハルクが現実世界に甦ったような肉体を誇るボディビルダーだ。彼の肩や腕の筋肉は小山のように盛り上がり、正直なところ「強そう!」という印象を受ける代わりに、大丈夫なのか心配になってしまいそうなレベルなのだ。

彼は5年前から、スーパーヒーローばりの肉体を作り上げるために、シンソール(シントール)という合成油脂を筋肉に注入し始めたのだという。

・シンソールを使用しすぎると命にかかわる可能性も!

シンソールは、注入すると筋肉が肥大するため、美容整形やボディビルで使用される油脂だ。ヴァルジールさんは、シンソールを注入し始めてから体重が25キロ増量し、腕周りは30センチも大きくなったのだとか。

しかし、筋肉が隆々としているように見えても、実際に筋肉が強くなる訳ではなく、逆に両腕切断や腎不全などのリスクが生じ、命にかかわる可能性もあるとのこと。

・筋肉で有名になってスターダムを駆け登りたい!!

実際にヴァルジールさんは、医師にシンソールの注入をストップするよう警告を受けたが、彼は「上腕二頭筋を、あと10センチ大きくしたい」とコメント。

彼の夢は、モリモリの筋肉で有名になってスターダムを駆け上り、何かを成し遂げることだそうだ。シンソールで超人ハルクのような体になったことについては、全く後悔していないとも語っている。

筋肉モリモリになりたければ薬に頼らずに、筋トレや食事療法などで、自然に筋肉の量を増量させるのがベストであることは間違いないだろう。

参照元:Facebook @BarcroftTV、METRO、Mirror(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画・画像を見る