10日、中国で台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室の安峰山報道官は、台湾の蔡英文総統の「双十節」演説を批判する談話を発表した。写真は双十節記念式典。蔡総統のフェイスブックより。

写真拡大

2016年10月10日、中国で台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室の安峰山(アン・フォンシャン)報道官は、台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統の「双十節」(建国記念日に相当)演説を批判する談話を発表した。環球時報(電子版)が伝えた。

安氏は、中国大陸と台湾を一つの国とする「一つの中国」の原則を否定することは「両岸(中台)の対立をあおり、経済、社会、文化的なつながり断つ悪い道だ」と強く批判。「一つの中国」の原則を完全に認めなかった蔡総統をけん制した。安氏は「台湾独立の分裂行動を、中国が厳しい姿勢で阻止する。強い意志に揺るぎはない」と強調。台湾の独立を志向する蔡総統を意識し「国家統一、民族の復興の歩みは、何にも阻むことはできない」と主張した。

蔡総統は双十節演説で「最近数カ月間で両岸関係に起伏があった」と中国からの圧力があったことを示唆。「われわれの立場は変わらず、圧力には屈しない」としていた。(翻訳・編集/大宮)