一瞬で、愛の世界にトリップできることうけあい

写真拡大

世の中にはネコ愛が溢れているが、日本で最もたくさんの人をネコ愛によって癒している人といえば、動物写真家の岩合光明氏だろう。

【写真を見る】ネコならではのしぐさと表情を、愛と凄腕で激写

さまざまな動物を撮影しているが、特にネコの撮影はライフワークとして力を入れ、2012年から始まったNHK BS『岩合光昭の世界ネコ歩き』も好評放映中。ネコの可愛さだけでなく、岩合氏がネコにそそぐやさしいまなざしに、癒されているという人も多いようだ。

この秋は、そんな岩合ワールドをより深く堪能できる新刊『ネコへの恋文』が発売された。「岩合氏がネコたちに届けるラブレター」とのことで、日本で、海外で、岩合氏が心奪われた愛すべきネコたちに贈るエッセイ写真集だ。

目次は次のとおり。

拝啓 ネコ様

大きくなったね

気持ちいいね

楽しそうだね

仲がいいね

あったかいね

また会おうね

おわりに

「ネコ成分」が最近不足しているという人には、マストバイの胸キュン写真集。秋の夜長にじんわりと、至高のネコ愛に触れてみて。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】