写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京成バスは10月13日より、オリジナルグッズ「東京シャトル バス型目覚まし時計」を発売。同商品は、東京都心と成田空港を結ぶ高速バス「東京シャトル」の専用車両をモデルに製作したものとなる。

フロントガラス面に時刻を表示。目覚まし時計の機能が付いており、セットした時間にアラームが鳴り、フロントライトとバックライトが光る仕組みになっている。発売価格は税込1,200円。10月8日に幕張メッセ屋外展示場で開催された「京成バスお客様感謝フェスティバル」で先行発売しており、この先行発売も含めて合計3,000個の数量限定発売となる。

長さ8cm×幅4cm×高さ5cmで、新習志野高速営業所所属H647号車(車種: 三菱ふそう エアロエース)がモデル車両となっている。13日からの一般販売は、京成百貨店オンラインショップ、京成バスの定期券発売所(京成トラベル青砥営業所、亀有ゆうろーどサービスカウンター、リブレ京成 LaLa テラス南千住店、京成トラベル勝田台営業所を除く23窓口)、京成高速バスラウンジ(東京駅八重洲口)、京成電鉄駅構内等の一部のFamilyMart(計19店舗)で販売する。