朝鮮中央通信によれば、北朝鮮代表が4日の第71回国連総会第2委員会(経済)で演説し、世界が持続可能な開発を実現するには「一方的な基準と観念によって他国の政治体制を敵視し、政治的・軍事的・経済的圧力と威嚇を加える強権と専横を終息させ、平和な環境を整えるのが最優先」であると述べた。

さらに、「古びた国際秩序を取り除いて公正で正義の国際経済関係を樹立するために積極的に努める」として、核・ミサイルなどの安全保障問題においてだけでなく、経済面でも既存の国際秩序に挑戦する方針を示唆した。