日本代表選手の着用スパイクまとめ(2016年10月)+番外編「武藤嘉紀」

写真拡大

ロシアワールドカップのアジア最終予選で、イラクに劇的勝利を収め、さらにオーストラリアとのアウェイゲームに臨む日本代表。

彼らが今月の代表戦で着用しているスパイクを調べてみた(※背番号はイラク戦でのもの)。

1.川島永嗣(GK/メス)

プーマ エヴォパワー 1.3

日本代表スパイク

2016秋モデル

2.丸山祐市(DF/FC東京)

アディダス エース 16.1 LE

日本代表スパイク

「ステラーパック」

3.太田宏介(DF/フィテッセ)

ナイキ マジスタ オーパス II

日本代表スパイク

「フラッドライツパック」

4.本田圭佑(FW/ミラン)

ミズノ ウエーブ イグニタス 4 JAPAN

日本代表スパイク

5.長友佑都(DF/インテル)

ナイキ マーキュリアル スーパーフライ V

日本代表スパイク

「フラッドライツパック」

6.森重真人(DF/FC東京)

ナイキ ティエンポ レジェンド VI

日本代表スパイク

「フラッドライツパック」

7.柏木陽介(MF/浦和レッズ)

アディダス エース 16.1 LE

日本代表スパイク

「ステラーパック」

8.原口元気(FW/ヘルタ・ベルリン)

ナイキ マーキュリアル ヴェイパー XI

日本代表スパイク

「フラッドライツパック」

9.岡崎慎司(FW/レスター)

ミズノ バサラ 101 JAPAN

「2016夏モデル」

10.香川真司(MF/ドルトムント)

アディダス エックス 16.1

日本代表スパイク

「ステラーパック」

11.齋藤学(FW/横浜F・マリノス)

アディダス エックス 16.1 LE

日本代表スパイク

「スピードオブライトパック」

12.西川周作(GK/浦和レッズ)

ナイキ ティエンポ レジェンド VI

日本代表スパイク

「フラッドライツパック」

13.清武弘嗣(MF/セビージャ)

アディダス エース 16.1 プライムニット

日本代表スパイク

「エース 16」

14.小林悠(FW/川崎フロンターレ)

プーマ エヴォスピード SL-S II

日本代表スパイク

「2016秋モデル」

15.大島僚太(MF/川崎フロンターレ)

ミズノ モレリア II

日本代表スパイク

16.山口蛍(MF/セレッソ大阪)

ナイキ マジスタ オブラ II

日本代表スパイク

「フラッドライツパック」

17.長谷部誠(MF/フランクフルト)

プーマ エヴォタッチ プロ

日本代表スパイク

「エヴォタッチ」

18.浅野拓磨(FW/シュトゥットガルト)

ナイキ マーキュリアル スーパーフライ

日本代表スパイク

「ラディアントリビールパック」

19.酒井宏樹(DF/マルセイユ)

ナイキ マーキュリアル ヴェイパー XI

日本代表スパイク

「フラッドライツパック」

20.槙野智章(DF/浦和レッズ)

アディダス アディゼロ F50

日本代表スパイク

「アディゼロ F50 (2015)」

※左右色違いのスパイクで有名な槙野。クラブ、代表ともに片足の「赤」は固定でそこに最近は「黒」を合わせており、今回の代表戦でも「赤」を左足、「黒」を右足に履いている(練習では『エックス 16.1』の白と青の組み合わせも着用)。

21.酒井高徳(DF/ハンブルガーSV)

アディダス エックス 16.1

日本代表スパイク

「ステラーパック」

22.吉田麻也(DF/サウサンプトン)

ミズノ ウエーブ イグニタス 4 JAPAN

日本代表スパイク

23.東口順昭(GK/ガンバ大阪)

プーマ エヴォパワー 1.3

日本代表スパイク

「2016秋モデル」

植田直通(DF/鹿島アントラーズ)

アディダス エックス 15.1 LE

日本代表スパイク

「2016春モデル」

永木亮太(MF/鹿島アントラーズ)

ミズノ モレリア II

日本代表スパイク

宇佐美貴史(FW/アウクスブルク)

アディダス アディゼロ F50

日本代表スパイク

「サバイバルコレクション」

武藤嘉紀(FW/マインツ)

アディダス アディゼロ F50

日本代表スパイク

「サバイバルコレクション」


負傷離脱を含めた今回の招集メンバー27選手をメーカー別に並べると以下の通り。

adidas 10人
Nike 8人
Mizuno 5人
Puma 4人

トップは先月に引き続きadidas。「エックス」の着用選手が最多で4名だった。

サイロ別でいえば、Nikeの「マーキュリアル」も「ヴェイパー」と「スーパーフライ」がそれぞれ2名の計4名。また、イラク戦でゴールを記録したのは原口、山口というNike勢である。

そして、今回も3番手に入ったMizunoからは、11月発売予定の『イグニタス4』新色2種類が登場。

日本代表スパイク

そのうち、吉田が着用したホワイト×ブラック×ブルーはシューレースが通常の黄色から赤へ変更されている。日の丸を意識?

Puma勢も『エヴォタッチ プロ』の長谷部以外はこの秋のNEWカラーだ。

最後に番外編で、今回の代表戦を右ひざ靭帯の負傷により辞退した武藤嘉紀が最近履いているスパイクについて。

宇佐美とともに旧モデル『アディゼロ F50』を愛用していることで知られる彼だが、新しいモデルを履いていないわけでない。昨年夏のプレシーズンマッチでは『エックス 15.1』、そして今年2月には『エース 16.1』を練習で試していた。

日本代表スパイク

ところが結局は『アディゼロ F50』を履いており、最近では2014年のブラジルワールドカップモデルまで着用。

日本代表スパイク

「バトルパック」懐かしい!

日本代表スパイク

そして、直近で出場したヨーロッパリーグのガバラ戦では再びピンクへ。この試合で武藤は先制点を決めるなど活躍しており、「エックス」や「エース」へ移行するのはまだまだ先になりそうな感じだ。