頭皮が乾燥…フケや抜け毛が!化粧水での保湿方法やおすすめのシャンプー

写真拡大

夏でも冬でも、季節を問わず起こってしまう頭皮の乾燥。顔と違って気づきにくいため、いつの間にか乾燥が原因の頭皮トラブルが起きていることもあります。また、目に見えたトラブルがなくとも、ハリやコシのある美しい髪のためには健康な頭皮が不可欠。

乾燥の原因や対策を知って、頭皮もきれいに保ちましょう!

 

■1: 頭皮の乾燥がもたらす悪影響とは

頭皮を乾燥させたままでいると、女性として絶対に避けるべき頭皮のトラブルを引き起こすかもしれません。以下のことに心当たりはありませんか? 放置してしまうと、どんどんひどくなる場合があるので、ご自身でチェックしてみてください。

(1)フケがでる

頭皮が乾燥し健康な状態に保たれていないと、頭皮のターンオーバーがうまくいかず、表皮が剥がれ落ちてフケと呼ばれるものになります。脂性のフケと乾燥性のフケがあり、乾燥性はよく洗髪して清潔にしていても改善しないのが特徴。パラパラと散りやすく、不潔な印象を与えてしまうやっかいな症状です。

(2)かゆみがでる

雑菌の繁殖や湿疹で頭がかゆくなることもありますが、一部ではなく頭皮全体がかゆい場合、乾燥が原因である可能性が高いです。頭皮も素肌と同じように、乾燥することで刺激に弱くなり、ちょっとした刺激でもかゆみを引き起こしてしまいます。

また、頭皮が乾燥していると、そのことに危機感をもった体が過剰に皮脂を分泌させ、ニキビや湿疹のようなかゆみを伴う炎症につながることもあります。

 

■2:頭皮が乾燥してしまうNG行動

よかれと思って行っているヘアケアが、実は頭皮の乾燥を加速させていることも。意外と気づきにくい要因もあるので、改めてご自身の習慣を省みてみてください。

(1)シャンプー2度洗い

ワックスなど、油分を含むスタイリング剤を使用している方は特に、より髪を清潔にしようとシャンプーをしすぎる傾向にあります。しかしこれ、頭皮を乾燥させるばかりか髪の毛を傷めることも。シャワーでしっかりと予洗いしてから、シャンプーは1度だけ、指の腹を使って優しく洗ってください。シャンプーの成分が頭皮に残っても炎症の原因となるので、すすぎも丹念に。

(2) 誤った乾かし方をしている

髪を洗った後、すぐに温風のドライヤーで完全に乾かしてしまうのも、実はNG。推奨される乾かし方は、しっかりとタオルドライで水気を拭き取った後、8割くらい乾いたら冷風に変えるやり方。また、自然乾燥も頭皮を冷やし、血行を悪くしてしまうといわれています。

(3)過度なマッサージで頭皮を傷つけている

頭皮をやわらかく保つために、毎日のマッサージを行っている方もいらっしゃるでしょう。しかしそのマッサージ、知らないうちに頭皮を傷つけている恐れがあります。決して爪を立てないように、マッサージは指の腹で優しく行ってください。

 

■3:頭皮の乾燥対策や改善に化粧水での保湿は有効か?

頭皮も肌の一部ですから、化粧水を用いるのは保湿に有効です。普段お使いの化粧水でもいいですし、頭皮に使う場合は顔より量が必要なので、安価で低刺激性のものを頭皮用に購入するのもおすすめです。

洗髪し、ドライヤーで乾かした後、指で優しく揉み込むようにつけてください。頭皮専用のローションも販売されていますのでこちらを使うのもよいですが、髪の美容液や洗い流さないトリートメントは主に毛先のケアを目的としているので、頭皮にはつけないようにしましょう。

 

■ 4:頭皮の乾燥が気になる人におすすめのシャンプーとは

(1)オイル系シャンプー

頭皮の潤いを保つのに有効なのが、天然オイルを配合したオイル系のシャンプー。ホホバオイル、馬油、シアバターなど、肌にもよいとされる天然オイルを配合したシャンプーは、ドラッグストアでも販売されています。オイル系といっても洗い上がりにベタつきはなく、頭皮だけでなく髪にも潤いを与えてくれるので、毎日のヘアケアに最適です。

(2) アミノ酸系シャンプー

安価なシャンプーに配合されていることがある、高級アルコール系界面活性剤。これは非常に強い洗浄力を持ち、頭皮の必要な皮脂までを奪ってしまうことがあり、乾燥しやすい方には危険です。

代わりに使用したいのが、アミノ酸系界面活性剤を配合したシャンプー。アミノ酸はもともと肌や髪と同じ成分なので、頭皮に余分な刺激を与えません。洗浄力も、汚れを落とすだけなら十分。頭皮に必要な水分を保ちながら洗髪ができます。

(3)オーガニック系シャンプー

乾燥しやすい上に、頭皮が刺激に敏感な方には、天然素材だけで作られたオーガニックシャンプーがおすすめです。自然由来のミネラルや天然オイルを配合し、マイルドながら十分な洗浄力を備えたオーガニックシャンプーは、敏感肌の強い味方。

昨今のオーガニックブームで高品質低価格な商品も増えているので、デパートや専門店で探してみてください。

 

見落とされがちですが、頭皮だって肌の一部。間違ったヘアケアや肌に合わないシャンプーで傷めてしまわないよう、しっかり乾燥から守って、健康な状態を保持してあげましょう。そうすればきっと、髪の毛だってもっと美しく輝きますよ!

 

【関連記事】

※ 毎日やってた!美容師が教える「髪が傷むNGヘアケア習慣」6つ

※ くっさ〜!元美容師が教える「頭皮が臭っちゃう」間違ったヘアケア5つ

※ フケや薄毛の原因に!頭皮が赤いトラブルの原因5つと予防策

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 【FPが解説】徹底比較!食洗機と手洗い、お得なのは…

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ 専門家が監修!あなたの主婦業を年収換算できるシミュレーターとは

 

【画像】

※ Ushico / PIXTA(ピクスタ)

※ Ema WooEma Woo / Shutterstock

※ Goncharov_Artem / Shutterstock

※ Tinatin / Shutterstock

※ MosayMay / Shutterstock