【ムダ毛の豆知識】アンダーヘア用のカツラがある…カラフルわき毛を楽しむ人たち

写真拡大 (全5枚)

人のカラダは、頭髪に始まり、わき毛やアンダーヘア、すね毛、そしてうぶ毛を含めるとほぼ全体に毛が生えています。その中で、髪の毛はいかに美しく保ち、抜けないようにとケアされているのに対し、邪険に扱われがちなのが“ムダ毛”といわれる毛……。

今回は、そんな日ごろスポットライトを浴びることのないムダ毛についてちょっとした豆知識をご紹介します。

■ハイジニーナの逆をいくアンダーヘア用のカツラの存在

ハイジニーナ脱毛の知名度も上がり、アンダーヘアの処理も女性のエチケットになりつつある昨今ですが、逆にアンダーヘアがあるように見せるウィッグがあるということをご存知でしょうか。ツルツルにして衛生的で気持ちがいいというメリットの半面、公衆浴場などで見られるのはやっぱり恥ずかしい……という人もいますよね。アンダーヘア用のウィッグは、そんな人たちに好評のようです。

■日本でも流行る!? わき毛のカラーリング

数年前に、レディ・ガガやマドンナが写真を公開し話題になりましたが、海外セレブの間では、わき毛を生やしてカラーリングを楽しんでいる人々が存在します。まだ日本では、「わき毛は剃るのが当たり前」という価値観ですが、ひょっとしたら日本でも“カラフルわき毛”が流行る日が来るかもしれません。大勢の愛好家が一斉にバンザイした光景はきっと圧巻でしょう。

■陰毛の「ちぢれ」は、急所を守るクッションの役割

Subbotina Anna

独特のカーブを描く陰毛のちぢれ。「髪の毛はストレートなのに、なぜここだけ……?」と感じたことがある人も多いのではないでしょうか。

陰毛は、理由もなくちぢれているわけではありません。実は、ちぢれがクッションとなり局部を守ってくれているのです。子孫繁栄を司る大事な部分の守り髪ということでしょう。

また、異性を引き付けるフェロモンを局部にとどまらせるためにちぢれているとも考えられているそうです。

いかがでしたか? 日常生活においてムダ毛は、きれいに処理するものと考えられがちですが、実は体を守ってくれていたり、おしゃれ要素として楽しむこともできます。あまり大きな声で言えない内容ばかりですが、飲み会などで話すと場が盛り上がるかもしれませんね。

【画像】

※ Juergen Faelchleb , Subbotina Anna / Shutterstock