くせ毛は改善できる!?4つのタイプ別くせ毛の原因と改善方法

写真拡大

髪質は変えられないと思ってはいませんか?実はくせ毛は正しい処置をすることで、ある程度の改善ができるのです。その理由は、くせ毛には先天的なものだけでなく、生活の中で起こる後天的な原因があるから。生まれつきのものだから仕方ない…と思っていても、後天的な理由でくせがひどくなっているのかもしれません。また、くせ毛には幾つも種類があり、それぞれのタイプによって起こる髪のトラブルも様々。雨の日になると髪がまとまらない…。夕方になるとうねってくる…。髪の悩みは人それぞれな理由もここにあります。今回は、それぞれのくせ毛の特徴と、くせ毛に成る原因、その改善方法についてご紹介します!

■ くせ毛にも種類がある!?くせ毛の種類4つとその特徴

まず、自分はどのタイプのくせ毛なのか、タイプを知ることが大切です。一言でくせ毛と言っても、実はいくつかのタイプに分かれていて、そのタイプによって改善方法も異なってきます。

◎ 波状毛(はじょうもう)

日本人でくせ毛の場合はこのタイプの方がほとんどで、髪の毛がうねるくせ毛です。ゆるくパーマをかけているように見えるくせ毛のこと。生え際にくせがあり、湿気に弱いという特徴があるので、雨の日にはボリュームが出たり、逆にボリュームがなくなったりします。

◎ 捻転毛(ねんてんもう)

髪の毛自体が捻じれているタイプのくせ毛で、一見直毛や波状毛に見える場合もあります。捻じれている上に髪の太さも一定ではないので、手で触るとざらざらしています。乾燥しやすく髪が折れてしまいやすいので、切れ毛やパサつき、髪がまとまらないなどで悩まれる場合が多いです。

◎ 連球毛(れんきゅうもう)

髪の毛自体の太さにばらつきがあります。捻転毛は髪の毛1本1本の太さが異なりますが、連球毛の場合は髪の毛1本の中で太さが異なります。手触りがごわごわしていて、捻転毛と同じように髪が切れやすいという特徴があります。

◎ 縮毛(しゅくもう)

ドレッドヘアのようなイメージです。日本人には少ないですが、くせ毛としては最も深刻なものとなり、髪が複雑に捻じれています。直毛以外のものをくせ毛と呼ぶことが一般的です。

■ どうしてくせ毛になるのか?その原因とは?

では、なぜこの様なくせ毛になってしまうのでしょうか?美容師の萩原翔志也さんによると、くせ毛の原因には2種類あるそうです。それは遺伝による「先天的なもの」と、生活習慣の影響でくせ毛になってしまう「後天的なもの」の2種類です。頭皮の毛穴や毛根に歪みがあることでくせ毛になると言いますが、そもそもこの歪みはどうやって引き起こされるのでしょうか?それぞれの原因について見てみましょう。

◎ 先天的な原因

遺伝によるもので、片方の親だけがくせ毛だった場合で70%、両親ともがくせ毛だった場合は90%の割合で遺伝すると言われています。親からだけではなくそれ以前の先祖からも遺伝する可能性があります。これだけ高い確率で遺伝するのであれば、先天的なものが原因だという方は相当多いのではないでしょうか。

◎ 後天的な原因

・過度なダイエット

髪の毛はたんぱく質でできていますので、ダイエットで栄養素が不足するとくせ毛になる場合があります。人間は栄養が不足すると、身体機能を守るために、最初に髪や爪への栄養供給を止めるようにできています。

・洗髪剤の洗い残し

シャンプーやトリートメントを綺麗に洗い流せていないと、毛穴に皮脂汚れが詰まってしまい、毛根の歪みを引き起こします。更にアルカリ性のシャンプーを使っていると頭皮はアルカリ性になり、その結果としてくせ毛になることもあります。

・ストレス

ストレスになると髪の毛が抜けるという話はよく聞きますが、それは健康な髪を育てられなくなるためです。過度なストレスを感じることによって、抜け毛にはならなくとも、髪のくせが強くなってしまうという可能性もあります。

くせ毛は高い確率で遺伝するものですので、先天的なものが原因という場合も多々あります。ですが後天的な原因の中で思い当たるものがある場合は、まずはその原因を解消することから始めたいものですね。

■ これだけでくせ毛が改善!正しいドライヤーのかけ方とは

くせ毛の原因がわかったら、次はくせ毛を目立たせないためのドライヤーのかけ方について見ていきましょう。京都の「くせ毛とヘアケアに特化した美容師」である関口恭章さんのオフィシャルブログに、簡単にくせ毛を改善する方法が掲載されていました。とても簡単ですので、今日からさっそく実践することができそうですよ!

◎1、最初に乾かすのは根本

根本から頭皮を擦るようにして乾かすと、乾くのが早くなり、ふんわりと綺麗な髪に仕上がります。そして前髪や顔回りなどの髪の毛が細い部分を先に乾かすことによって、髪の毛のくせがより一層出にくくなるのだそうです。

◎2、中間から毛先を乾かす

根本が乾いたら、中間部分、そして毛先にかけて乾かしていきます。この時にくせ毛の方に注意して頂きたいポイントは、「頭上からドライヤーをあてる」ということです。横や前、後ろからあてると髪のくせが出やすくなってしまうので、上から風をあてると内側にまとまりやすくなるのだそうです。四本の指で軽く髪を引っ張りながら乾かすと、綺麗なストレートに乾かすことができますよ。

■ 髪の毛のくせを根本的に改善する3つの方法

◎ 寝る前に髪は完全に乾かす

髪の毛にくせがつくのは「髪が乾く時」と「髪が冷める時」の2つ。髪の形は内部の「水素結合」によって決まります。髪が濡れていると水素結合が切れて、形が自由になりやすい状態になります。この状態で外からの刺激を与えてしまうとくせがつきやすい髪になってしまうのです。夜寝る前には髪の毛を完全に乾かしてから寝ることによって、髪の毛のくせがおさまりやすくなります。先ほどご紹介したドライヤーのかけ方を参考にして完全に乾かしてから寝れば、今までよりも髪の毛のくせは改善されるでしょう。

◎ 食生活の改善

過度なダイエットがくせ毛の原因になるということについては前述しました。栄養をバランス良く摂ることによって、髪にも十分に栄養が行き渡り、健康な髪を育てることができるようになるのです。

◎ シャンプーを変える

洗い流してしまうシャンプーですが、髪質に大きな影響を与えるものでもあります。髪の毛や頭皮を健康な状態に保つためには、アミノ酸系のシャンプーがオススメです。広尾プライム皮膚科の谷口由紀先生も、アミノ酸系シャンプーは推奨されています。アミノ酸系シャンプーは刺激が少ないため皮脂を落としすぎることなく、アミノ酸の補給もできて、髪や頭皮を健康な状態に保つことができるといわれています。また、乾燥しやすいくせ毛の方はトリートメントオイルをつけて乾かすと髪の水分を保持することができて、髪の毛のくせがまとまりやすくなります。くせ毛はその原因を解消して、髪や頭皮を健康な状態にすることができれば、改善することも可能なものです。ドライヤーのかけ方やシャンプーの選び方だけでも髪のくせは出にくくなりますので、まずはご紹介したこれらの方法を試してみてくださいね!

(image by photo-ac)
(著:nanapiユーザー・tamucan 編集:nanapi編集部)