全裸で寝るとこんなメリットが!?ニコニコニュースとmixiに寄せられた意見まとめ

写真拡大

先日、教えて!gooでは「全裸で寝るメリットって何?」という記事をリリースした。男子高校生である質問者からの「全裸で寝ることに意味はあるのですか? ぜひ教えてください!」という質問に対して様々な回答が寄せられた。

記事の中では、裸で寝ることによってストレスが軽減されるという点、下着の締め付けによって邪魔されていた血行がよくなるという点などをその理由として紹介している。

これに対し、配信先のmixi、ニコニコニュースのユーザーから多くのコメントが寄せられた。全裸で寝るのはアリ? ナシ? みなさんの意見を紹介してみたい。

■mixiユーザーからは「地震が心配」という意見が

まずmixiユーザーの意見を見ていくと、「股間がスースーして解放感抜群! 夏場はもちろん、冬場はぬくぬくなのに蒸さない」と、全裸で寝ることのメリットを挙げる意見もチラホラあるものの、目立ったのは「災害が心配」という声だった。

「寝てる時に地震が来て身動き取れなくなったら 救助された時もれなく全裸見られちゃうよ? それでも良いの?」、「難点は災害時に全裸で逃げなきゃ行けない可能性が」、「全裸で寝るのが好きなんだけど、地震が怖いので、サッと着られるものはベッドの上に置いている」などなど。確かにいつどんな災害に巻き込まれるかわからない以上、全裸で眠ることにはリスクも伴いそうだ。

もちろんそれに対して、「全裸で寝るようになって10年かな。もうパンツなんて履いて眠れない。締め付け感とかシャツやパジャマのねじれとか許せないし」など、全裸睡眠擁護派の意見もある。ただ、「基本裸族です。基本パンツ1枚もしくは全裸で寝ます。着て寝ても朝には大抵すっぽんぽんになってます。結婚出来ないわなこりゃ」という意見からも分かるとおり、その快適さに慣れてしまうと、他人と一緒に寝る時に非常に困るということもあるようだ。

■ニコニコニュースユーザーからは汚れを気にする意見が多数

ニコニコニュースユーザーからの意見にはシーツや布団の汚れを気にするものが多く見受けられた。

「シーツと掛け布団が汚れる。これだけで効果よりストレスの方が勝るからNG」(ハケさん)、「皮脂が布団につくから黒ずみやすくなるんだっけか。下着だけは着た方がいいな」(ああああさん)、「毎日シーツとか洗うのか? 下着は毎日変えるけど」(周辺が痒いさん)など、これも確かにうなづける意見だ。「人は寝ている間にコップ一杯分の汗をかいている」という話はよく聞くし、それが布団やシーツに吸収されることを考えると、寝具のマメな手入れが必要なのは間違いなさそうだ。

また、外国の映画などではよく目にする全裸睡眠だが、日本には気候的に合わないのでは?という意見もあった。「セントラルヒーティングが当たり前のアメリカならともかく、日本でやる奴は余程体が強い奴じゃなければ無理」(..さん)、「(外国では)湿度が違う、あるいは日本の様な極端な変動(夜70%→朝40%とか)が無いという話を聞いた気がする」(四代目嵐正佳さん)などがそれだ。

全裸で寝るのだから、ふとした拍子に布団がはだけてしまったりしたら非常に体を冷やしてしまうことになる。その辺りも気を付けなければならないだろう。

もちろん、ニコニコニュースユーザーの中にも裸で眠るのをよしとする意見がある。「開放感が心地いいので翌日すっきり起きられるよ」(ぽち蒼崎さん)、「開放感あって俺はいいけどね」(名も無き市民さん)、「布団に入った時のひんやり感もいいし、全裸の方が布団の中は温まる」(るしゅるあ・しゅ...さん)などなど。

これらの意見を参考に全裸で寝てみるかどうかはあなた次第! もし始めるなら気候の穏やかな秋のうちから徐々に慣らしていくのがいいかもしれない。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)