御朱印ガールがひそかなブーム!縁結びおすすめスポットも紹介

写真拡大

伊勢神宮の式年遷宮も話題になる今日この頃、パワースポットは更なるブームとなっています。お寺や神社は、忙しい日々から解放され、リフレッシュできますよね。最近では、なんと婚活パーティーがお寺で行われることもあるそうです。

そんな中、じわじわと人気を集めているのが「御朱印帳」。御朱印帳を手に寺社を訪れる女性を「御朱印ガール」とも呼ぶのだそうです。ここでは、その人気の秘密に迫ってみました。

■「御朱印」ってどんなもの?

[caption id="attachment_16573" align="aligncenter" width="400"] 「四寺廻廊の御朱印帳」Wikipediaより[/caption]

「御朱印」とは、参拝した証としてもらえる印のこと。もともとは参拝者が写経をお寺に収めた際にいただくものだったそうです。現在では「御朱印帳」と呼ばれるノートのような冊子を窓口に持っていき、お金を払うと御朱印をいただくことができます。

お値段は、300〜500円といったところがほとんどのようです。そのデザインは寺社ごとに違い、また同じ場所でも書く人によって微妙な違いが生まれます。デザインが変わることもあるので、自分だけの御朱印を集める楽しみがあるのです。

販売されている御朱印帳は種類が豊富で、女性に人気のかわいらしい柄のものもあります。ネットでも購入が可能なので、思い立ったらすぐに御朱印帳を手にすることができますよ。

「ネットで購入するのはちょっと」という方は、まずネットで好きな柄を見つけて、その後販売している寺社まで足を運んでみるのがいいかもしれません。

■御朱印帳と一緒に!縁結びおすすめスポット

Izumo Taisha in Japan

パワースポットめぐりをする女性の中では、やはり恋愛運アップをお願いする人が多いようです。そこで、有名な縁結びのおすすめスポットをいくつかまとめてみました!御朱印帳を手に入れたら、一緒にお参りしてみてくださいね。

東京大神宮(東京都)

まずは日帰りで行ける都内の神社。「東京のお伊勢さま」として親しまれる東京大神宮は、JR・東京メトロ各線・都営地下鉄大江戸線「飯田橋」駅より徒歩約5分というアクセスのよさを誇ります。

ハローキティのイラストを刺繍した縁結びのお守りや、かわいいデザインのおみくじが人気。友達と行くもよし、多めに買っておみやげにするのもよしです。

箱根神社(九頭竜神社)(神奈川県)

源頼朝と北条政子が安産祈願をしたと伝えられる箱根神社。その境内には、九頭竜神社の新宮があります。金運・勝負運・開運の他に、恋愛運のご利益もあるとして女性の参拝客が増加中なのだとか。

ちなみに、本宮は芦ノ湖湖畔にあり、13日の月次祭では多くの参拝客が訪れます。箱根旅行に来たら、一度はお参りしたい神社です。

地主神社(京都府)

清水寺の近くにある地主(じしゅ)神社。境内には良縁に関連するものがたくさん存在しています。中でも、本殿前にある「恋占いの石」は有名。片方の石からもう片方の石まで、目をつむって歩くことができれば恋愛が成就すると言われています。

他にもご利益があると言われるスポットが多くあるので、ぜひ友達を誘ってお参りしてみてくださいね。

出雲大社(島根県)

2013年に60年ぶりの遷宮が行われた出雲大社。伊勢神宮と並ぶ「2大パワースポット」として有名です。出雲大社は縁結びや安産にご利益があり、女性に大人気のスポットとなっています。

出雲大社にお参りするなら、東京駅と出雲市駅を結ぶ寝台列車「サンライズ出雲」がおすすめ。最近は、「サンライズ出雲」で女子会を楽しむ人が増えているのです!

個室にカギをかけることができるので安全性が高く、嬉しいことに共有シャワースペースも完備。寝間着やスリッパなども用意されています。友達と寝台列車に乗って恋バナに花を咲かせつつ、縁結びに出かける……なんてプランはいかがでしょうか。

歴史ある神社仏閣に興味を持つのは、日本文化に触れるといった点でもいいことではないでしょうか。自分だけの御朱印帳があれば、参拝の楽しみも増えます。ときには一人で、ときには親しい友達と、寺社仏閣を巡ってみるのもおすすめですよ。