去勢のメリット・デメリット

一言簡単に去勢と言っても、麻酔をしてお腹を開く手術をすることには変わりはなく、それは当然手術する犬自身の身体にも負担をかけるもの...

では、そういった負担をかけてまで去勢手術するメリットとは?また逆にデメリットになる部分はあるのでしょうか?

ここで適切な時期や方法をしっかりと知っておきましょう。

去勢手術のメリット

まずオス・メスを問わず、性別に関するホルモンが原因で起こる問題行動を減少させることができます。

メスは発情により精神的に不安定になることがありますが、去勢手術によってそれを防ぐことができます。またオスは発情したメスの存在を感知して遠吠えを繰り返したり、他のオスと激しく喧嘩したり、場合によっては脱走してしまうこともありますが、去勢手術することによりこういった事故を未然に防ぐことが可能です。

去勢手術は、乳腺腫瘍(メス)や子宮蓄膿症(メス)、精巣腫瘍(オス)前立腺肥大(オス)などの病気を防いだり、メスについては望まない出産を避けることができます。出産については特に出入り自由な環境で飼育している場合、考慮しなければいけない部分ではないでしょうか。

去勢手術のデメリット

まずデメリットの第一に挙げられるのは、全身麻酔の負担ではないでしょうか。

手術をする際、全身麻酔は必須となります。
この麻酔の耐性については個体差があり、事前検査でも把握しきれない部分があるのが現状です。場合によっては肝臓に負担がかかってしまったり、老齢などで体力が低下している犬の場合には命がけになってしまうこともありますので、まずは十分検討したいところです。

その他のデメリットとしては性ホルモンの分泌がされなくなることから基礎代謝が低下し、それにより肥満傾向が強くなること。
肥満は万病の元ともいいますので、きちんとした食事管理、運動量の管理が必須となります。

また原因ははっきりとわかっていませんが、手術前と後で性格に変化が出る子がいるともいわれています。

適切な去勢時期

去勢手術の適切な時期は犬種やサイズにより個体差がありますが、生後6ケ月〜1年未満が適正時期です。
もし1歳以上の犬をお迎えして去勢手術を行う場合には、獣医師と相談の上、なるべく早い時期に手術を完了することをお勧めします。

去勢手術は早すぎると骨や関節に悪影響が出ることがあり、また逆に遅すぎると内分泌疾患や、前述の全身麻酔のリスクが高まってしまいます。いずれにせよかかりつけの獣医師としっかりと話し合い、適切な時期に手術を行うようにしましょう。

発情期について

メスの発情が平均で生後6ケ月〜8ケ月、小型犬に比べて大型犬のほうが発情時期が遅いといわれており、小型犬は5ケ月〜7ケ月の周期で年2回、大型犬は8ケ月〜12ケ月の周期で年1回以上といわれています。

またオスの生殖能力が完成するのが生後1年くらいですが、メス同様小型犬より大型犬のほうが遅いといわれています。オスにはメスのような発情期はなく、発情中のメスの匂いに反応していつでも交尾することが可能です。

去勢手術の費用について

去勢手術は小型犬より大型犬のほうが高額になり、また性別もオスよりメスの方が手術が複雑になるため高額になります。
費用の詳細については動物病院によって異なりますがオスの場合(入院なし)で20000円〜30000円くらい、メスの場合(1泊入院)で30000円〜50000円くらいが目安でしょうか。

手術自体の費用の他に術前検査の費用などが加算される場合もありますので、トラブルを避けるためにも予め総額幾らくらい必要になるかをよく聞いておくようにしましょう。

去勢手術の流れ

1、術前検査...一般的な検査の他、犬の健康状態に応じて血液検査やエコー検査などを行う場合も。日頃なかなか行う機会のない検査もありますので、健康診断も兼ねて検査してもらうのも良いかもしれません。

2、麻酔〜手術

3、術後の経過観察。麻酔から覚め、歩行などに問題がないようであれば当日(オス)〜翌日(メス)帰宅。メスは開腹手術とな
るため、1〜2泊することが多い。

教えてわん!愛犬の去勢手術体験談

女性 20代

わたしの愛犬は現在4才。生後半年で我が家の家族になり1才の時期に去勢をしました。

愛犬の為を思っての去勢でしたが、やはりかわいい愛犬なので手術に対する不安であったり痛みなど愛犬の事を思うと胸が痛みました。

本当にすることが愛犬の為なのかとまで考えたりもしました。しかし総合的に考え、やはり去勢をすることを決意し無事に去勢を行いましたが術後の愛犬の元気がない様子であったり落ち着かない感じなどがありかわいそうになってしまいました。

患部を気にするのでエリザベスカラーなどは使っていますが、目を離すと何をするかわからないので飼い主の私も落ち着かず苦労しました。

女性 50代

さて、わが家のヨーキーの場合は、生後5ヶ月で去勢手術に踏み切りました。

すべての予防接種が終わったこと、病院の先生から、なるべく早い時期を勧める、と言われたこと、そしてぼちぼち足をあげてオシッコし始めたのをセーブできるといいな、と考えてたからです。

結果としては、心配するほどのこともなく、男の子は手術のあと安静時間をおけば、その日のうちに帰宅でき、さすがに当日は元気なく、ぼんやりしていましたが、翌日にはいつもどおり走り回っていました。

オシッコスタイルは、散歩中は豪快に足をあげていますが、部屋では女の子ポーズでシートの真ん中にオシッコしてくれるので、早い時期の去勢が多少、効を奏したんじゃないかな、と感じています。

女性 30代

我が家の愛犬は雌犬です。この子が3か月になった時にブリーダーさんの家から引き取りました。

現在住んでいるマンションで「ペットを飼う際には去勢手術をしておくこと」というルールがあり、ブリーダーさんから引き取ってからなるべく早く「去勢手術」を検討しなくてはなりませんでした。また、近所のドッグパークにも「去勢手術を終えてから利用すること」というルールがありました。

去勢手術を行う時期はいつが良いのか非常に悩みましたが、早いほうが良いとのことで生後半年で行うことにしました。手術日は愛犬のことがとても心配でしたが、手術後、お腹の毛を四角に剃られていることだけ痛々しかった以外、本人はケロッとしていたので安心しました。

その後愛犬が落ち込んだりすることもなく、元気で回復も早かったです。

手術後3年以上経ちますが、剃られた毛の場所は未だにうっすらと四角く、あまり良い毛が生えてこなくなりました・・・。

女性 40代

我が家の場合・・・

・犬種 :キャバリア♂
・時期 :8ヶ月頃
・理由 :健康の為にと獣医師から勧められこわごわ去勢することになりました。

乳歯の抜歯も合わせてするということなのでとても心配でしたが、歳をとってから下の癌などを回避できるということで決断しました。

当日になり血液検査を受け初めての入院です!
元々人が大好きなので看護師さんに抱かれご機嫌でお別れして家に戻ると、、、

当日のおもしろエピソード?

話しは少しそれますが、関係の無い所で問題を起こしているヤツが・・・‼︎

我が家は多頭飼いで、キャバリアとポメチワがいるのですが、家に置いて行ったポメチワがウンチをしてその上にベターっと寝そべっていました。

自分だけ置いて行かれた抗議行動の様でした。 次に連れて行かれるのさ君だからね‼︎ 笑

術後の経過は・・・?

翌日、当のキャバリアはママの心配をよそにケロッと帰って来てエリザベスカラーも何も気にせず自由に走り回って無事に抜糸をし去勢を終了しました。
ただキャバリアは太りやすいらしく去勢後の食事管理はしっかりとしていかなければならないです。
一緒に長生きする為に頑張ろうね‼︎

女性 40代

現在愛犬はトイプードル4才。(4.2)愛犬を飼い始めたとき獣医さんに去勢についての説明を受けました。夫は、同じオスとして去勢する事に抵抗を感じ、私は手術と言う言葉に恐怖と不安を感じ、無事手術するまでの家族と愛犬の一部始終になります。

去勢の説明を受けて

獣医さんから去勢についての説明を受け、犬を飼うことが全く初めての私達夫婦は去勢するかしないかでとても迷い、不安になりました。
先生は私達夫婦の不安を理解して下さり、「ゆっくり考えてあげて」と言ってくれました。そして「するなら早い方が良いよ。」とも。この時、愛犬3ヶ月の時期でした。

迷い、不安、そして決断

本を読んだり、ネットで調べたり、先輩犬友さん達の意見や経験を沢山聞きました。
獣医さんにも定期的な診察の中で何度もお話しを聞きました。そして、大きな病気の予防の為にも去勢しようと言う事に決まりました。
調度、手術しないと抜くことが出来ない乳歯が2本あり1回の麻酔で済むよう、去勢と抜糸の両方を行う事を獣医さんからアドバイス頂いたのがきっかけです。愛犬10ヶ月の時期でした。

いざ手術

受付で獣医さんから「ワンちゃんが不安になるからお父さんとお母さんはこのまま、帰って下さい。終わったら連絡しますね。」と言われました。もう、私不安でいっぱい。家に帰っても心配で何だか心ここにあらずでした。数時間後、病院から無事終ったと連絡が入り一晩入院で明日迎えに来て下さい。との事でした。翌日、迎えに行ったら首にエリザベスを着け今にも泣きそうな愛犬がいました。

この時かかった手術費用(1泊入院費込み)「22,000円」でした。

術後の消毒、抜糸は無料で、その他には日割りで病院でレンタルして頂きました。
※他の犬友さん達に聞いたところ、病院によって料金は違うみたいです。

実際に手術をしてみて・・・

手術、やって良かったと思います。
手術したことで獣医さんの説明どうり、少し性格が赤ちゃんがえりしたけどそこもまた、かわいく感じます。
術後はホルモンの関係で太りやすくなるらしいので現在は、去勢後した犬用のごはんに変えて体重管理しています。

まとめ

手術というとどうしてもデメリット面が目についてしまい、躊躇してしまう飼い主さんも少なくないと聞きます。

手術にはもちろん危険な面も伴いますが、それ以上にメリット面があるのも去勢手術であるとも言えるでしょう。
去勢手術に迷いがある飼い主さん、またはこれから新たな家族として犬をお迎えしようとしているご家族の方、飼い主と犬の双方が末永く共により良く健康な毎日を過ごすためにも、信頼できる獣医さんを交えて一度去勢手術についてじっくり検討されてみてはいかがでしょうか?